ムダなマイナンバーカード

画像
今日は議会の委員会ごとの採決で、比較的早めに終わりましたが、所属していない委員会に付託された議案の資料や委員研究会資料の読み込みをしておりました。

その中で目を引いたものの1つがマイナンバーカードの交付状況です。
私はマイナンバー制度に反対する立場から、マイナンバーそのものの受領拒否をしているため、各種書類の記入欄も無記入で通しているのですが、もともと罰則規定もない中で何の問題もなくすんでいます。


ところが、佐賀市の行政としてはマイナンバー制度にともないマイナンバーカードの普及に力を入れていて、コンビニでの証明書交付にも取り組んでいます。

一生のうちにそう何回もない証明書交付に、慎重な取扱いが求められるマイナンバーを使わせるコストを考えたら、最初から税金の壮大なムダ遣いだと言われてきたことではありますが、今年に入ってからの数字がまとめられていました。

それによると、マイナンバーカードの申請受付は、人口235845人のうち19979件で申請率は8・5%、カードの交付は14503件で6・1%にすぎません。


また、各種証明書の交付が全体で211602件もあるうち、コンビニでの交付はわずか2576件で、全体の1・21%にすぎません。



これまでは市役所や市民交流センターなどに自動交付機があり、これの利用がそれなりにあったのですが、マイナンバーカードによるコンビニでの証明書交付の実施を理由に今年8月末を以て廃止されたため、むしろ窓口での交付が増えたのではないでしょうか。


最近、市役所の駐車場不足が取りざたされていますが、自動交付機の廃止も原因の1つではないかと思えます。


住基カードも鳴り物入りで導入されたわりには使い物にならないままマイナンバー制度に移行しましたが、韓国やイギリスなどでは個人情報の保全や犯罪防止対応などの観点から縮小・廃止などの見直しの動きも始まっています。



今回の資料によると、佐賀市は市バスのラッピング広告や各種媒体でのPR、支所や企業に出向いての出張受付、はては議員にもマイナンバーカードの申請を呼び掛けていますが、あまり熱くならずに、収束させた方がいいのではないかと思います。

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック