もぐらうち@佐賀の郷土行事

 1月14日は、佐賀では「もぐらうち」という子ども画像の行事があります。

 畑を荒らすもぐらが出てこないよう、土を叩きながら「14日のもぐらうち なれなれ 柿の木・・・」と歌うのです。これを各地区の家々を回りながらするのですが、その時にしめ飾りなども預けて、あとで「お火焚き」をする・・・という流れです。

 もぐらうちのために、山から竹を切ってきて先に縄をまいて棒を作る・・・という作業も前から行われるわけですが、私が小さいときは、子どもクラブの活動をしていた父が毎年竹切りと繩巻をしていたのを思い出します。

 で、これが「1月14日」の年中行事で、何曜日であろうと14日の夕方に出もみんなで回って、すんだら公園での「お火焚き」のそばで温かいぜんざいを頂くのが楽しみだったのですが、最近、気がついたら成人の日の朝になっているようです。ご家庭がお休みの日にあわせたのでしょうね。

 成人式も1月15日が『1月第2日曜日」に変わったので、それと同じような感覚なのでしょうか。でも、歌の歌詞が「14日のもぐらうち・・・」となっているし、「その日」の意味が薄れていくのもどうなのか…という気もします。


 もぐらうちに参加してくれた子どもたちや、支えておられる大人のみなさん、今年もありがとうございました。
画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック