安倍首相よ、アジアとの対話を言うなら、佐賀空港の軍用化は撤回を!

画像
ニュースで安倍首相がAPECでの機会をとらえて中国や韓国との首脳会談に意欲的な会見を流していました。
これが本気なら、大いに進めていただきたいこと。
前に、何かの会見で「私は就任以来、各国を回ってきたが、中国は50番目です」なんて嬉しそうな顔をしていたのを見て、それは自慢するところじゃないでしょう、と思いました。

だいたい、就任以来、世界各国を大企業引き連れてまわるような大名行列みたいなことを繰り返していながら、隣国には足を運んでいなかったこと自体、びっくりです。

で、今日のニュースでは、「隣国だけにいろいろな課題があるが、前提をつけずに落ち着いた環境で対話を進めたい」と中国や韓国への対応を語っていましたが、まるでチャップリンの映画「独裁者」のラストで、主人公の理髪師が瓜二つの独裁者と入れ替わって、平和への希望を語る演説をしたのを思い出してしまいました。

まさか、そっくりさんと入れ替わっているわけじゃないでしょうね。
でも、その言葉が本気なら、あえて隣国を想起させるような「島しょ防衛」のための強襲用水陸両用車やオスプレイの購入・配備はやめたらどうですか。

純然たる民間専用の佐賀空港をあらたに軍用化するような計画は即刻撤回しながら、その対話をすすめていただきたいものです。

背中の後ろに包丁を持ちながら「対話を」と言っても、外交の本気度が問われると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック