100回目の「勧興まちの駅」( 2)記念式典

画像
「勧興まちの駅」午後の部の最初に100回目記念式典が行われました。

校区自治会の荻原会長や勧興公民館の秋山館長(宝塚星組トップの柚希礼音さんそっくり!)のご挨拶のあと、100回にわたる12年間、欠かさず運営に関わってくださった方に感謝状が贈られました。

最年長は、カレーづくりチームで活躍してこられた90歳の川崎スワエさん。「始まった時は70代でしたが、秋山館長に引っ張っていただきながら、こうして元気に参加しています。毎月第2土曜日が楽しみです。これからもよろしくお願いいたします」とお元気な代表挨拶でした。

また、「100回目はお祝いのごちそうにしようね」とおっしゃっていた香田喬子さんがこの夏に急逝なさったことも紹介され、香田さんへの感謝状も届けられるとのことでした。

子ども遊びのコーナーやテントの設営、さまざまな取り組みにボランティアで支えていただいたみなさんに、会場からも大きな感謝の拍手が寄せられました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック