キムチとたくあんでキムタクごはん~学校給食のユニークメニュー

 昨日、学校フリー参観デーに行った折、教室に学校給食のメニューの張り紙がありました。
画像
 6月6日は「キムタクごはん」。何かと思ったら、キムチとたくあんをまぜるのだそうです。長野県の学校で始まったのが広がったそうですが、ネーミングが面白いですね。

 たぶん、不味いことはないだろうと思うのですが、ちょうど校長先生が近づいて来られ「面白いでしょう。これが結構いけるんですよ」と笑っておられました。

 今度、試してみようかしら…・。それにしても、こういうメニューの時まで牛乳が付くというのは果たして食文化とどういうものかと思ってしまいます。中華にはわかめなどのスープ、和食にはお味噌汁かおすまし、など、メニューにあった飲み物が付けばいいと思います。

 牛乳をどうしても飲めというなら、パン食の時以外は、中間休みの時間とか、別の機会にしたほうがいいのではないか、と最近思ってしまうのです・・・。キムタクごはんを見ていたはずが、奥の牛乳の絵が気になってしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック