こども医療費は国の責任で無料化を!

画像
お昼のニュースを見ていたら、厚生労働省が子ども医療費助成についての全国の自治体の取り組みを調査したとのこと。

それによると、都道府県では就学前まで、市区町村では中学校卒業までの助成が最も多く、最長は北海道南富良野町で、学生(22歳まで)であれば保護者が町内在住であることを条件に、本人が町外でも入通院とも全額助成しているとのこと。

「少子化傾向の中で、近隣自治体を見ながら助成対象を広げているようだ」と厚生労働省が「分析」しているそうですが、自治体の苦労を横から評論している暇があったら、国保のペナルティを止めるとか、何よりも国の責任で、せめて義務教育期間は医療費無料化を実現してほしいものです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック