第22回佐賀市平和展~語り継ごう、平和の尊さ(8/8~8/11)アルバム

 今年の平和展は8月8日から11日まで開かれま画像した、いつもは初日のオープニングセレモニーから参加するのですが、今年は議会日程と重なって、日を過ごしているうちに結局最終日になってやっと足を運ぶことができました。

 といっても、今年は念願の「平和の旅へ」の全曲演奏をファイナルコンサートとしてできる、という嬉しい役割もあったので、本当はもっと早めに観にいっておくべきだったのですが・・・・。

 お昼頃、会場の市立図書館に行くと、親子連れやお孫さん連れの年配の方たちがパネル写真展に見入っていたり、戦時食の体験コーナーで大根飯を食べてみたり、折鶴を折ったり、などのようすが見えました。

 今年の展示写真の目玉は、米カメラマンのジョー・オダネル氏が従軍中に広島・長崎をはじめとする終戦直後の日本の様子を写し撮った私的な記録の数々でした。
 
 ジョー・オダネル氏は佐世保に上陸し、これから終戦直後の日本の惨状を眼にすることを知らずに、カメラに向かってポーズしたという写真から展示を始めます。
 佐世保から長崎、福岡、広島・・・と移っていくに従って、「この不気味な静けさ」「ここに私がいていいのだろうか、という思い」「銃砲台と見せかけた電信柱など、これが日本の『武力』の姿だった・・・。ここに原子爆弾を落とす必要があったのか」「先生の話を一心に聞く子どもたち・・・。カメラを向ける私には一切眼もくれぬ子どもたちと教師。私は疎外感を感じ、シャッターと切るなりそそくさと教室を出た」「死んだ弟を荼毘に付す間、直立不動で唇をかみしめていた少年。私は抱きしめてやりたかったが、それができなかった」などのコメントとともに展示される写真は、見るものに迫ってきました。

 長崎の三菱兵器工場が飴のよう画像にぐにゃぐにゃに破壊された写真や焼け野原に焦げた木が数本、立っている写真などは、このあと私たちが歌う『平和の旅へ』に出てくる渡辺千恵子さんの被爆の場所と重なり、涙があふれてしまいました。

 平和の旅への合唱は、広島で爆心地から1.8キロのところで被爆し、奇跡的に焼け残ったピアノを修理して伴奏に使われました。
 合唱に先立ち、『被爆ピアノ』を国内外に運んで、演奏家に使ってもらいながら被爆の実相を伝えるという活動をされている調律師の矢川さんのお話を伺いました。

 被爆ピアノはガラス片が刺さった傷などがあちこちにありますが、弦はほとんど張り変えなしで使えるという奇跡的な状態だったとのこと。実際、伴奏で弾かれた時の音は澄み切って、張りのあるいい音でした。

 「平和の旅へ」は全曲演奏で30分あまりの歌と語りの構成なのですが、小さな子画像どもたちも食い入るように聞いてくれ、子ども連れのお母さんも涙ぐむ様子が伝わって、演奏前に観た写真の様子とあいまって、胸を詰まらせながらの演奏となりました。あとでテレビのニュースで感想を述べておられた方も「涙がこぼれた」『戦争は絶対にダメだ」と語っておられましたが、いろいろ考えていくきっかけになったのでは、と思います。これこそ、亡くなった渡辺千恵子さんに代わって、歌で語り部となっている私たちの喜びとするところです。

 このほか、ユニセフによる地雷のレプリカ展示と平和メッセージコーナー、広島と長崎の原爆資料館に送る平和メッセージと折鶴のコーナーなどもありました。
 戦時食の体験コーナーでは、今までは「すいとん」でしたが、今年は「大根飯」でした。ただ、衛生面を気にするあまりか、手袋をはめて、使い捨てカップに大根飯をちょっとだけつぐ、というだけでは、あまりにも味気ない感じがします。せめて、お椀を使うとか、食生活改善の会の方たちなど、幅広い分野の知恵も借りながら、ふかしいもや漬物やその他の当時の食の様子をもう少し幅を持たせて展示したり体験したりできないものか、もう一工夫ほしいと毎年感じています。

 それから、議会の質問でも提言していることで、一時行われていた、「市長の平和メッセージ」や議会としての「非核平和都市宣言」などの展示も中断されていたのが残念でした。中央ギャラリーでオダネル氏の写真展示でスペースが空いた部分に平和展のポスターをはって埋められていましたが、それをするくらいなら、佐賀市や議会の平和の発信をきちんと展示してほしかったものです。

 ともあれ、佐賀市の平和展は幕を閉じ、来年に向けてのアンケートも取り組まれていましたので、よりよいものになりますよう、平和の声を広げる確かな一歩となりますよう、期待しております。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック