呉服満腹音楽祭2013 in SAGA 

 今日は2つの会議の間に挟まれながらも、佐賀市の中心市街地にあ画像る656広場で開かれた「第1回 呉服満腹音楽祭 2013」に参加しました。

 これは呉服元町商店街主催とはなっていますが、おおもとになったのは「佐賀の街なかを元気にしよう!」と一昨年の夏、毎週金、土の夜に656広場を舞台に屋台村やカラオケパーティを開いてきたタレントのひーまん師匠、近所のSugiちゃんやぎょうざ屋のカトキン、移動販売ピザ屋「くじらの尻尾。」のつるちゃんらに連なる人々によるものです。
 この毎週土曜日のつどいは「ひーまん王国」と名づけて、役割分担をしていたのですが、私は官房長官を拝命しておりました。

 で、今回もひーまん師匠、Sugiちゃん、カトキンが企画しての音楽祭だったのですが、ゴズペル・クワイヤ、キッズダンス、シンガーソングライターの北村尚志さんや子育てシンガーmonさんのミニコンサート(お二人はそれぞれ40分ずつ)という盛りだくさんの企画でした。
 これを聞くのにチケット1000円で、「くすくす」のパンと「マザーズ農場」のクリームシチュー&フリードリンク付、という大変お得なコンサートでした(当日券は500円で、これはフリードリンクのみ)。
 さらに、近所のお肉屋さんのコロッケやお菓子屋さんのお饅頭、東北被災地支援のバザーなどの出店もあり、賑やかな会場となっていました。

 音楽祭のはじめに、実行委員長代理のカ画像トキンさんのご挨拶の後、「来賓」の挨拶として、ワタクシが指名されました。この場合は、市議会議員ではなく、あくまでも「ひーまん王国の官房長官」としてご挨拶させて頂きました。
 で、挨拶して引っ込もうとしたら、司会のひーまん師匠が「ちょっとお待ちを。そのままで、まずはトップバッターとして1曲歌っていただきましょう!曲は『花』!」といわれ、カラオケが流れてきました。

 あ~、騙された!実は、前もってSugiちゃんから「カラオケコーナーを設けるから、1曲歌ってね。何の曲がいい?」と聞かれていたので、「花がいい」と答えていたのでした。まさか、挨拶の後にいきなり歌うとは思わず、驚きましたね~!

 それにしても、音楽祭そのもののパフォーマンスはどれもすてきで、ゴスペルに胸躍らせ、キッズダンスに歓声を上げ、北村さんやmonさんの歌には心が癒されたり涙したり・・・と贅沢な時間となりました。

 実は、この企画にはもうひとつ、monさんのプロデュースをつとめ画像ている大島一樹さんを励ます「ドッキリチャリティ」という目的もありました。大島さんは奥さまがご病気で長い間入院されていて、事実上の父子家庭の状態でがんばっておられるので、仲間たちで何か励ましたい・・・というところから始まった企画でもありました。
 それで、当の大島さんにはナイショで、仲間たちがノーギャラでつどい、これだけのものを創りあげた、というすごいものでもあります。

 音楽祭終了後に、ぎょうざ屋さんで打ち上げをしましたが、そこで大島さんに仲間からの寄せ書きボードが贈られ、お嬢さんからの手紙が読み上げられるなど、感激のシーンもあったそうです。私は、前もって企画を知らされていましたが、その打ち上げには途中参加となったので、肝心の場面は目撃できませんでした・・・・。

 ちなみに、大島さんが作詞した「あおぞら~世界中の君たちへ」という曲があるのですが、これを偶然にも北村尚志さんとmonさんがそれぞれコンサートで歌われました。北村さんは気持ちがほとばしるような男性的な歌い方で、monさんはピアノバラードの優しい歌い方で、同じ曲でもまったく違うものに聴こえました。この曲のおかげだったのでしょうか、天気が全国的に大荒れになる、といわれていたのにも関わらず、小雨から曇り空となり、打ち上げがすんで外に出たら雲の切れ間から青空が広がっていました。
 
 そんなこともあって、全体として、温かい思いのあふれる音楽祭となりました。

 夏には「なりきりカラオケパーティ」が開かれるかも・・・という話になっております。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック