佐賀県放課後児童クラブ連絡会が新事務所で総会

 午後は佐賀県放課後児童クラブ連絡会が小城市三日画像月町に新しい事務所を構えたということで、NPO法人の事務所移転に関する議案を決議する必要があり、臨時総会が行われました。

 私は小城の事務所には初めて足を運びましたが、民家の一軒家を借りているというだけなく、駐車場がとても広く、バーベキューやイベントもできそうなくらいでした。

 臨時総会には小城やみやき、嬉野、佐賀市の指導員の方たちが見えていて、事務所移転の議案了承の後は、県内の動きや国の学童保育を巡る動きについての報告と交流がなされ、こちらがメインのような形で、中身の濃い話し合いができました。

 県内の大きな動きとしては、小学校6年生までの受け入れをしている学童保育が神埼市、嬉野市に加え、新年度からは基山町と吉野ヶ里町でも行われるとのこと、佐賀市でも議会の事務事業評価の中で、学童保育を6年生まで拡充すべき、という意見を付していたのですが、まわりでだんだん広がっているのは心強いことでもあります。

 また、指導員の研修について、連絡会が認定資格を取得するための研修会を開いているのですが、この2年間で103名が受講しているうち、佐賀市ではわずか7名(23年度6名、24年度1名)に留まっているとのことでした。嬉野市ではかなり積極的に指導員研修をうけておられ、それによって構えが全然違ってくるという話もありました。

 こどもをとりまく社会状況も変わっている中で、学童保育は決して「ついでのもの」ではないのですから、佐賀市の実態もぜひ、あらためて見て行きたいと思いました。
 また、学童保育に関するさまざまな情報提供や交流のできる場として、この三日月の事務所が多くの方に活用されることを期待しております。

 
画像

画像

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック