今日から佐賀城下ひなまつり

 佐賀の春を呼ぶ恒例の「佐賀城下ひなまつり」が今日から3月20日まで画像佐賀市で行われます。

 朝から656広場でひなまつりの開会式があり、いいお天気に恵まれた幸先のよいスタートを切ることができました。来賓の挨拶などがつづいたあと、オープンのテープカットがあるのですが、なぜか、テープカットに居並ぶのは男性ばかり・・・・。
 実は、このことは昨年のひなまつりのオープニングでも同じような顔ぶれだったので、「女の子の節句といわれているのに、なぜ男性ばかりなのか。団体代表なら、その団体から女性を出すとか、いろいろ考えてはどうか」と昨年は市の担当部長や担当助役にも進言したのです。そのときは「確かにいわれてみればそうだ」という話になっていたのに、なんの変化もありませんでしたね・・・・。

 一方で、このひなまつりは鍋画像島藩に代々伝わる由緒有る雛飾りの提供や人形作家の方、おもてなしの休憩所の運営などの協力を得るということで、その協力団体の方が座席の反対側ブロックの最前列にいらしたのですが、そちらはすべて女性です。勧興ボランティアの中にも女性がたくさんいらっしゃいます。
 協力してくださるのが女性なら、せめてテープカットにはその女性の方たちにもご登場いただくようにすればいいのではないでしょうか。そんなことをあらためて感じました。

 その観光ボランティアのおひとり、「佐賀の篤姫」さんこと嶋津さんとツーショットも撮らせていただきました。また、開会式の後半は、循誘小学校3年生の子どもたちによるリコーダーと合唱の演奏があり、おおいに盛り上げていただきました。

 開会式の後は、会議を控えていたこともあり、全部をまわることはできず、今日は旧古賀銀行の展示だけを拝見しました。
 今年は「劇人形」をテーマにした展示で、文楽人形、ひょっこりひょうたん島や西遊記、長靴下のピッピ、リア王などの人形が飾られ、劇団ひとみ座の方が時間を決めて解説をしてくださるという趣向です。
 初回の説明を聞いた後「実際に動かしてみたい方!」と呼びかけられたので、思わず「はい!」と手を挙げてしまいました。おかげ様で、リア王の3女、コーデリアのお人形を芝居付で動かすことができました。

 そのほか、ほのぼの人形や和紙人形、北欧の民族衣装とトロール人形など、見所たくさんの展示となっています。ぜひ、お誘いあわせてお運び下さいませ。

画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック