第21回 佐賀シシリアンライスをししりあ~ん@カフェ・ドンキホーテ

画像 私の大のお気に入りにして、佐賀の誇るソウルフード、「シシリアンライス」でまちおこしにつなげようというキャンペーンを、佐賀市観光協会などが中心になってすすめられています。

 その代表的なものが「佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ(シシこむ)」というシシリアンライス盛上げの市民団体です。このシシこむが、佐賀市のご当地グルメであるシシリアンライスを提供する店を探検して食べつつ、参加者とも楽しく交流できるという「佐賀シシリアンライスをししりあ~ん」というイベントが、毎月4のつく日に続けられています。

 私もできるだけ参加したいと思いながら、なかなかチャンスに恵まれず、今日が3回目の参加です。そして、すでに今日は第21回にもなっています。この21回で通算337名が参加しておられるのだそうです。すごい!

 今日の会場は、昨年、火事で休業を余儀なくされていた「カフェ・ドンキホーテ」が移転してリニューアルオープンされたのを祝って、Newドンキホーテでした。小さいお店ですが、25人くらいは何とか入る、ということでしたが、実際は17人の参加だったので、余裕でした。

 この会では、まず参加者が対等になるために、シシリアンライスのキャラクターである「シシリアンナちゃん」のお面をつけるところから始まります。
 そして、それぞれ自己紹介をしたあと、お店から出されたシシ画像リアンライスをみんなで頂くのですが、「いただきま~す」の代わりに「ししりあ~ん!」と叫ぶのもお決まりです。

 あとは、途中で席替えをして交流するし、後半は告知タイムということで、イベントや取り組みなど何かお知らせしたいことを自由に発表できる時間も設けられています。

 参加者は、Facebookを通じて集まるので、必ずしも知り合いではないし、社会人から学生まで多種多様なメンバーです。私にとって気楽なのは、お酒の場ではなく、シシリアンライスを実費で食べるだけなので、たとえば今日はスープ付で850円の会費、ということですから、お財布にも優しいし、場は乱れませんし、なによりシシリアンライスについてあつく語りながら、他のこともいろいろ交流できるのが楽しみです。

 シシリアンライスは1970年代の佐賀市で画像喫茶店のまかないとして出されたのが、お客さんの要望でメニューになったのが発祥といわれています。私も高校時代からリアルタイムで食べていたおなじみのものですが、このカフェ・ドンキホーテはマスターが前に勤めておられたカフェ輪留都の頃からのメニューで長く続いています。
 出されるシシリアンライスもスタンダードなもので、とても美味しくいただきました。なお、今日はお肉に佐賀牛を使って出してくださったそうです。ごちそうさまでした!

 今日は子育てサロンの所長Yさんが、参加者全員にいきわたるようにバレンタインチョコレートを持ってきてくださいました。いわゆるパロディチョコで、私たち女子がいただいたのは「気になっとう」という納豆パックに入ったチョコレートで、中身は麦チョコでした。マーブルチョコやリンゴチョコの人もあり、みんなで出し合ってつつきあいました。

 ということで、佐賀にはおいしい食べ物がいっぱいありますが、その中でもヘルシーでユニークなシシリアンライスをぜひ、いちど召し上がれ!

 最後は、恒例の記念の集合写真を「ししりあ~ん!」と叫びながら撮影していただきました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック