「国民が主人公の政治へ」~日本共産党の総選挙政策が発表されました

 今日はお昼休みに玉屋前で大森ひとし佐賀1区国政対策委員長と佐賀市議団とで宣伝行動を行いました。選挙に向けてのメディアの取材もあっておりました。

 いま、一体政党がいくつあるの?~こんな質問が出されるほどに、雨後のタケノコの如く政党が生まれては消え、離合集散を繰り返しています。この姿を、案外、多くの国民は冷静に、というか冷ややかに見ているようです。
 そんな中で、「創立以来90年、節を曲げずにつらぬいている老舗、というのは貴重な存在」と日本共産党のことを褒めてくださることもあります。

 いよいよ12月4日公示、16日投票で行われる総選挙。

 本来の政策とは真反対でもくっ付いたり離れたりする党とは違って、60年もの長きにわたって続いてきた『自民党型政治』に別れを告げ、『国民が主人公の政治』におおもとから切り替える本格的な日本改革の道~日本共産党の総選挙政策が発表されました。

 ぜひ、ご覧ください。

画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック