花粉症のシーズン到来のようで・・・・今年も「すり鉢茶」のすすめ

 先週の金曜日くらいから、鼻がむずむず、目がショボショボして、くしゃみを連発するようになってきました。

 むむむ・・・いよいよ、花粉症のシーズン到来のようです。

 私は京都で学生時代の最後の年に。北山杉の繁る山が近くにある、法律文化社という学術出版社にアルバイトをしていたのですが、その編集部では、なぜかみなさんがマスクをしてくしゃみと鼻水に悩んでおられました。それが花粉症だとわかったのは、ある日突然、私も、鼻がむずむず、そして立て続けのくしゃみに襲われるようになってからです。以来、28年間、花粉症と付きあって来ました、だいたい3月議会と重なるので、ひどい年には本会議場にもティッシュケースを持ち込まなくてはならないほどでした。
 当然、毎年、花粉症対策の注射や薬のお世話になって来ました。

 ここで、なぜ「・・・・ました」と過去形になるかというと、昨年から、その様相が一変したからです。

 昨年の2月から、「すり鉢茶」というのを試し始めてから、花粉症の症状は劇的に軽くなり、風邪も引きにくくなってしまいました。おかげで、なんと一度も注射や薬のお世話にならなかったのです。

 昨年は、そのことをブログに書き、ほかの方にも積極的に勧めてきたのです。それを律儀に続けてきた友達は、確かに、今年も花粉症の症状はかなり軽い、と言っていました。

 私も、思い出したようにこの2週間くらいで再開したところ、やはり花粉症の症状が軽くなっています。

 ということで、あらためて、すり鉢茶の作り方を書いていた、当時の記事を再掲したいと思います。関心のある方は、ぜひ、ご覧になってみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック