世直しの仲間

画像
今の政治のあまりのひどさに、「何とかしなくては」と考える方は多いと思います。

その思いから大阪の橋本市長や名古屋の河村市長などに支持がよせられるのだろう、と推測はできます。そういう選挙では、残念ながら共産党が支持した候補者が勝利するにはいたってもいません。
「閉塞状況を打ち破りたい」という気持ちから強いリーダーを求める動きになるのかもしれません。

では、共産党がいつも弱いかと言えば必ずしもそうではないのです。

東京の狛江市、兵庫県福崎町、長野県南牧村などなど、全国に日本共産党員の市長村長が奮闘していますが、いずれも4期、3期などと連続して選ばれています。共産党が間違っていれば、どこでも2期目はない、と思いますが、ありがたいことに、選ばれたら住民のみなさんの信頼に応えてがんばっているのです。

先日、ある保守層の方とその話をしていたら「ほう、そういう風にはみてなかったなぁ。じゃあ、あなたたち、佐賀でももっと存在感持って頑張らなきゃ」と叱咤激励されました。

そんなこともあって、今日は、仲間に誘いたくて1年以上考えていた方に、思いきって入党をお勧めしました。すると、玄関に出迎えてくれたその方は、なんと、あっさりと「入ったらどんなことをするんですか?党費とかは?」と言いながら、入党申込書に記入してくださいました。

あんまり簡単だったので、こちらが驚いてしまい「なぜ入ろうと思われたんですか?」ととんちんかんな質問をしてしまいました。 すると、その方は「今の政治はあまりにも酷すぎる。もっとましな政治だったら入ろうと思わなかったかもしれないけれど、今は共産党に頑張ってもらわないと、と思ったから」と明快な答えをいただきました。
しかも、その方はしんぶん赤旗日曜版の読者でしたので、よければ日刊紙を、とお勧めしたら、決して経済的には余裕があるわけではない中で「いいですよ、今は読むに足る新聞は赤旗しかありませんから」と快諾。

ああ、やっぱり世の中の動きは、働きかけ次第でこういう風にもなるのだなぁ、とあらためて感じましたし、「こんなに簡単にすむなら、もっと早く声をかけたらよかった」とは言ったものの、まさに今だから、という気もします。

そんなわけで、私にとっては
こうして世直しの仲間入りを待つ人が、他にもきっといることと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック