なくそう原発!九州玄海訴訟の原告・弁護団の合同会議

午後からなくそう原発!九州玄海訴訟の原告・弁護団との合同会議。画像訴状案をめぐって、意見交換をしました。

これまで、たくさんの原発訴訟がありましたが、今回はその総決算とも言える中身で、いわば3・11を踏まえた新しい訴訟として、玄海「を」止める、というだけでなく、玄海「も」止める、という立場で人権裁判ともいえる中身となりそうです。

この2週間で200名の原告が増え、今日現在で721名となったそうです。提訴までに1000人を突破したいと決意を固めあいました。
 裁判に関しては、「プルサーマル裁判の会」のみなさんが、玄海原発の3号機だけでなく、あらたに1,2号機と4号機も差し止めの対象とする追加訴訟を12月下旬に起こすことが発表されました。このことで、「どう違うのか」「二重になっても大丈夫なのか」との声が寄せられていますが、原告団会議では、次のように整理しています。
 すなわち、プルサーマル裁判との違いは、国を訴訟の相手に加えていること、慰謝料の請求を加えていること、原告団を1万人めざすという形で、市民運動と世論を広げることと一体でとりくむつもりであること、これらの点で違うので、「二重提訴」にはならないということです。担い手となる弁護団は九州玄海訴訟は地元の九州の弁護士が主で、プルサーマル裁判は、当初、九州の弁護士が引き受けていなかったいきさつ上、大阪の弁護士が担当されているとのことですが、全国的には、脱原発弁護士連絡会というつながりで共同しているので、この点でも問題ない、とのことでした。
 もちろん、どちらにも原告になれますので、対立するものではなく、包括的にやっていこう、という確認をしました。

提訴は1月31日の13時半としよう、と決定!あなたもぜひ、原告になってください。

 なお、前日の1月30日の午後6時から、佐賀市のメートプラザで提訴前夜祭&原告団結成総会を開くことも決まりました。こちらにも、ぜひ、お越し下さい。また、第1次提訴に間に合わなかった方も、第2次提訴を3月12日に予定されています。
 これらのことを発表するために、4時から記者会見が行われました。(記者会見については、追記)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック