塩釜からの便り~日本共産党九州沖縄交流ニュースより 3

 日本共産党の「救援・復興 被災地と心ひとつに 九州沖縄活動交流ニュース(No.28)」が送られてきましたので、みなさまにご紹介いたします。
 毎度の事ながら、お読みいただいてご協力いただけるようであれば、このブログを見た、ということでご連絡をいただければ幸いです。

                   *     *    *


 福岡県八戸遠地区、嘉飯地区、長崎南部地区より支援物資が届きました。5日は午後から多賀城市の柳原議員と山王仮設住宅の自治会長を訪問し、支援物資を届けたところ、「こうして物資を届けてくれるのは共産党だけだ。ありがたい」とたいへん喜ばれました。

 宮城県は4日から県議選挙が始まっており、塩釜区は県議画像選に立候補のため訪問活動ができませんが、立候補のない区の仮設住宅で「青空市」を開く等、可能な活動を続けていきますので、引き続き支援物資をお願いします。

 宮城、東北地方はひと雨ごとに寒くなっており、暖房器具の要望が多くなっています。新品は大歓迎。中古の物は使用可能であることを確認して送って下さい。お米も残り100キロを切ってますので、至急、お願いします。
 (写真は、塩釜救援センターで一番滞在日数が長いN君によるもの)


  ひきつづき救援物資へのご協力をお願いします 

  塩釜救援センターから連絡があった支援物資の在庫状況(11月2日現在)

◆在庫がないもの

・電気ストーブ、ファンヒーター、電気カーペット

・赤ちゃん用おむつ、おしりふき

・鍋やフライパンなどの調理器具

・ポット

・使い捨てカイロ、石鹸、洗剤

・マフラー(大人・子ども用ともなし)


◆在庫が少ないもの

・お米(あと100キロ)

・味噌

・毛布

・布団類(敷き布団、掛け布団、こたつ布団、布団カバー)

・肌着、靴下(新品に限る)

※防寒着、子ども服、介護用おむつ、マスク、タオルは一定量の在庫がありますが、在庫状況はそのつど変わりますので、可能であれば事前にセンターまで連絡をお願いします。


【送り先】

日本共産党塩釜救援センター

〒985-0026

 宮城県塩釜市旭町6-11
   日本共産党塩釜地区委員会気付

 電話 022-364-3222

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

meisinn
2011年11月07日 22:33
いま、福島や茨城の農産物が売れずに困っているそうです。
九州からお米を(石油を使って)運ぶより、近隣で購入する援助のほうが有効なのではないでしょうか?

佐賀は米産地ですが、福岡とか長崎とかの消費地は、「あきたこまち」とか「ひとめぼれ」とかを購入しているような気がします。
(買った米を東北に送る・・という人の「善意」はわかるけれど、客観的に見ればエネルギーの無駄遣い)

この記事へのトラックバック