新入生47名の入学式~勧興小学校

 今日は市内の小学校の入学式。私は地元の画像勧興小学校の第137回入学式に参列しました。

 今年は47名の新入生を迎え、全校児童は319名となりました。そして、今年は校長先生も「新入生」で、砂後典之先生が赴任されました。「いさご のりゆき」先生とお読みするのですが、子どもたちに覚えてもらうために、「逆さから読んでご覧」と。「ごさい」になります。というわけで、「この中で1番若いごさい先生です」とのこと。なるほどね~。って、本当に「ごさいせんせい」とお呼びしてしまいそうです。

 今年の新入生は、入場のときは「大丈夫かな?」という思いがよぎりましたが、返事は元気よくて、むしろお祝いの挨拶を述べる大人の側が緊張気味だったように感じました。

 それから、毎年、新入生の名前にはいろいろ感心したり驚いたりするのですが、今年は男女混合名簿になっていて、名前だけ見ていると性別がわからないようなケースもありました。たとえば、「まなと」さんは私の認識では朝夏まなとさん、ということで女性のつもりが、この場合は男の子でした。ついでにいえば、「愛音」ちゃんという女の子がまなとくんと同じクラスにいるのですが、これまた、「愛音」と書けば、私にとっては「愛音 羽麗=あいね はれい」で、宝塚の花組風に思えます。が、この場合は「あのん」ちゃんと読むのだそうです。

 それにしても、名前だけ見ている画像と、まるで宝塚か劇画の世界のような状態です。「若菜=わかな」「明奈=めいな」「杏奈=あんな」「涼麻=りょうま」「美優=みゆ」「美海=みみ」「結万=ゆま」「璃音=りおん」「姫織=ひおり」「羽姫=はづき」「紫恩=しおん」「彩葉=いろは」・・・・・という感じです。きらきらしたお名前の多いこと!ご両親の夢と希望がいっぱい詰まっているということなのでしょうが、そのまま芸能活動をしても大丈夫な雰囲気です。

 小さな身体にいっぱいの夢と期待をつめこんでの新入生のみなさんが、だんだんになれていって、6年後にどうなっているのか、楽しみですね。のびのび学んですくすく成長なさいますように ♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック