35人学級に予算査定で財務省が難くせ!

 来年度予算の査定の中で、文部科学省が予算要求している「教職員の数を増やして1クラス35人学級にする」という項目に対し、予算査定する財務省が難癖をつけているらしいのです。

 すなわち、「少子化の中で教師の数を増やすのは、公務員改革の流れに逆行するのではないか」「1クラスを35人学級にしたからといって、イジメや不登校がなくなるような効果が生まれるのか」などなど・・・。

 いわば、自公政権時代から使い古されてきた疑問の数々でもあると思いますが、少人数学級の実現を公約に掲げていたはずの民主党政権で、そういうやりとりになるかなあ・・・・?削る無駄なら、ほかにもっといろいろあるでしょうに!

 NHKのラジオのニュースで「少人数学級の予算要求に対し、財務省側からは厳しい意見があいつぎました」などと報じられていましたが、そういう疑問を乗り越えられるような理論武装をきちんとやって、予算を獲得されるよう、奮闘を期待します。

 というか、欧米の少人数学級の成果を見てよ・・・といいたくなりますね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック