普天間第二小学校の「避難訓練」

 今日、沖縄の宜野湾市立普天間第二小学校で避難訓練があった、とラジオのニュースが報じていました。

 小学校の避難訓練がニュースになるのがなぜかといえば、普天間第二小学校は言わずと知れたあの米軍普天間基地に隣接した小学校です。
 6年前に近隣の沖縄国際大学のキャンパスに海兵隊のヘリが墜落して炎上した事故があったのをきっかけに、米軍機の墜落事故を想定した避難訓練が行われるようになったのです。

 今日も、学校の校庭に米軍機が墜落したという想定で、子ども達がハンカチを口に当て、決められた場所に非難する訓練が行われたとのこと。校長先生は「子ども達が米軍機が墜落することに備えた訓練などしなくていいような環境にしてほしい」とインタビューで応えたそうですが、全く当然です。

 この避難訓練のことは、日本共産党の仁比そうへい参議院議員が国会の外交安保委員会で質問していました。

☆参議院議員 弁護士の仁比そうへいさん「これからもたたかいとともに」



 そういえば、以前、職場の仲間と、ある元力士が経営されているというちゃんこ鍋のお店に行ったときに、そこでアルバイトしていた若い学生さんが3人、沖縄出身で、そのうちの1人が宜野湾の人だというので「普天間第二小学校知ってる?」と聞いてみたらすぐ近くだとのことで、やはりものすごい爆音だと語ってくれました。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック