今日は中学校の入学式

 昨日の小学校に続いて、今日は市内の中画像学校の入学式が行われ、地元・出身校の成章中学に行きました。成章中学では、おもに勧興小学校と神野小学校から子ども達が通ってきますが、その比率はほぼ1対2です。今年は158人の新入生が、中学校の門をくぐってきました。

 今年から校長先生が替わり、城北中学校長をつとめておられた石丸和人先生が赴任してこられました。最初の控え室でのごあいさつの印象は、ちょっと硬い感じでしたが、入学式に臨まれたご様子は、なかなか楽しそうな先生とお見受けしました。

 入学式では、ブラスバンド部の華やかな演奏に迎えられて、新入生が入場。卒業式に続いて、入学式でも、保護者席が新入生のすぐ後ろに設けられていました。

 石丸先生は、学校に期待して入ってきても、「何かを待つ」というだけではなく、「自分が主体的に何かをしよう」「自分が変えよう」という立場で関わることで、学校生活が楽しくなることを語られました。

 在校生代表の歓迎の言葉の中で画像は、今年の生徒会のスローガン「成章09デモクラシー」をひきながら、(1)さわやかなあいさつが聞こえる学校、(2)掃除を徹底して学校を輝かそう、(3)学校行事をもりあげ、中学校生活の思い出をつくろう、(4)「いじめ、命を考える日」(毎月1日)に命について考えよう、(5)地域の行事に積極的に参加して校外でのマナーを守ろう、という目標を紹介されていました。なかなか大人な目標ですね・・・。

 新入生代表の誓いの言葉は勧興小出身の江口君。実は「林檎の木保育園」の立派なOBさんです。「校庭のきれいな花壇のように、一人ひとりが美しく花を咲かせていきたい」と述べる姿にまあ、立派になって・・・・、とちょっと勝手に親心をつのらせてしまいました(^^)

 けっさくだったのは、学級担任紹介のコーナー。珍しくも、あるクラスの担任の先生がご欠席とのこと。何かと思えば、石丸校長が「実は、今朝、奥さんがおめでたで、たぶん、今頃赤ちゃんが生まれている頃とおもいます」と紹介。会場には和やかな笑いが広がりました。これは、かなり珍しいケースですね。たぶん、このクラスの卒業生の中では、ずっとこのことが語り草になるに違いありません。

 ともあれ、新しい船出に漕ぎ出した新1年生のこれからが、日々輝くものとなりますように。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

田島敬一
2009年04月09日 21:07
 西原村でも今日は午前が小学校の入学式、午後は中学校の入学式、昨日は我が子の高校の入学式と立て続けでした。

 高校は一クラスが41名と、中学校より約10名ほど多くなりましたが、かなり教室の中が多いなあと感じました。もっとも担任と副担任のふたりいらっしゃいましたから、幾分安心はしましたが…

この記事へのトラックバック