日本共産党、バルーン会場作戦!

 今日は午前中に共産党の佐賀市委員会としてバルーン会場画像での署名宣伝行動を取り組みました。この行動には地区事務所から私はじめ4人、県事務所からむとう県議ら3人、地域支部から2人の9名が参加しました。

 車での移動は渋滞の元なので、JRで移動。会場の臨時駅・バルーンさが駅から降りて会場入り口付近の鉄道高架下に陣取って、ポスターやのぼりを飾っていると、近くで携帯電話をかけていた人が「鉄橋の下の『高齢者差別の医療制度反対』っていうのぼりのそばにいるから」と話していらっしゃるのが聞こえた、とメンバーのO氏。さっそく宣伝効果があらわれたようだとホクホク。O氏はサンドイッチマンのように前後にポスターをぶらさげ、プラカードを立てて、駅から降りてくる人を正面から迎えていました。

 そのほかのメンバーは、当初、駅から土手に画像降りてくる通路に立ってパンフ配布をしていましたが、混雑するので移動してほしい、といわれ、一段下がった会場入り口のわきに移って共産党の政策パンフや派遣労働の規制などを求める若者向けのリーフを配り、後期医療制度反対の署名を訴えました。

 さすがに県外から来る人も多く、署名には福岡、長崎、神奈川などの住所も並んでいました。また、「人間らしく働くルールの確立を求めます」など声をかけながらリーフを配ると、若い方たちもけっこう受け取ってくれました。
 それにしても、どこからこんなに人がわいてくるのか、と思うほどで、時間通りの列車で変えれないかもしれないと思い、15分早く宣伝行動を切り上げて、食事することにしました。
画像
 食事といえば、あの「シシリアンライス」です。「あとで来るから」と約束していたこともあって、8人でぞろぞろとシシリアンのところまで歩きました。目当ての店の前にはどこもかなりの行列ができていて、はたして無事にありつけるのだろうか・・・・と不安でしたが、案の定、整理券が発行されていました。
 私たちが行った時点で30人待ちでしたが、10~15分でできるというので、8人分まとめて注文しました。店舗をのぞくと、ドンキホーテのマスター初めスタッフのみなさんが死に物狂いの形相で肉をいため、野菜とライスを盛り付け、マヨネーズを勢いよくふりかけてらっしゃいます。とても声をかけるような雰囲気ではなかったのですが、「マスタ~!!」と叫んでみました・・・・・・が、多分気づかれなかったと思います。

 さて、できたシシリアンライスを食べる場所がなく、テントの外で立ち食いする羽目に。そこで記念写真です。名付けて「シシリア~ンズ」。

画像


 帰りがけは、佐賀行きの列車めざして長蛇の列で一度には乗りきれなさそうだったので、いったん佐賀とは反対方向の久保田駅に向かって乗り、そこから佐賀駅に向かって引き返すという作戦を取りました。すると同じことを考える人はいるもので、けっこうな人が同じパターンで動いていました。

 考えてみると、バルーン会場に行ったのですが、バルーンはほとんど見られず、ときおり空に浮かぶバルえもん(ドラえもん)やカラス天狗のバルーンを眺めるくらいでした。ただ、バルーンを観に来た人たちの顔を眺めるのも、それなりに興味深いものがありました。

 
画像


画像


画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

teik
2008年11月03日 20:43
「しんぶん赤旗」10月31日(金)は1面にカラー写真付きで記事が掲載されています。
11月2日(日)はすごい人出でした。人波は本当にどこからともなく湧き出してくるような感じでした。
管理人 明子
2008年11月05日 10:22
>teikさまも2日にいらしてたのですか!
 いや、ほんとに人酔いしそうなくらい多かったですね。ふだん人口密度の低い生活に慣れているので・・・・。でも、考えてみれば昔の銀天夜市も肩が触れ合うくらいの人出だったのです。ま、人出の規模は違いますが。
teik
2008年11月06日 23:28
11月3日(月・祝日)の最後のイベント・夜間係留が終ったあと、イベント会場を回ってみました。
シシリアンライスは完売・閉店状態でしたが、他の出店が値引き販売中でした。
グルメはB級に限ります。
管理人 明子
2008年11月13日 22:28
>teikさま、シシリアンにありつけず、残念でした★

連休中に久留米でB-1グランプリ(B級グルメグランプリ)が開かれて大盛況だったそうですが、佐賀からは出ていないようです。今後は、シシリアンで十分いけると思います(^^)

この記事へのトラックバック