久しぶりのお盆休み

 昨日までは初盆のお参りなどであたふたしていましたが、今日は久しぶりにゆっくり起きて、午後からは両親を連れて、富士町のそばの芽料理のお店「木漏れ陽」に行くことにしました。

 ところが、出発してから急に曇り空が墨を流したように黒くなり、雨がひどくなってきました。それでも、とにかく行こう・・・と車を進めてきましたが、バケツをひっくり返したような雨で山道が大変そうなので、しばし「道の駅・大和」の駐車場で雨をやり過ごすことに。

 雲がどんどん降りてきて、雷はひどいし、どうなるかと思いましたが、少し収まったところで、予定通り三瀬を通って「木漏れ陽」へ。
 ついてみると、こんなお天気なのに、よくもまあ・・・・というほどお客さんがたくさんでした。

 そばの芽ジュースとサラダ、そば豆腐、もりそばと画像そば雑炊、そばの芽ゼリーのコース(1800円)を頂き、両親とも喜んでくれました。木漏れ陽の友田農園では、友田さんが栽培したそばを使ってのそば作りですから、間違いなく地産地消だね・・・というわけです。
 嬉しいことに、おまけで「そばの芽の水耕栽培セット」を頂いてしまいました。
 さっそく、育ててみることにします。

 帰りに、三瀬温泉やまびこの湯によって行こうと思っていたのですが、せっかくやんでいた雨がまた降り出したので、そのまま帰ることに。ところが、またまた冒険心がもたげてきて、「肥前名尾和紙」の工房・ギャラリーに案内することにしました。
 工房はお休みでしたが、展示室でゆっくり名尾和紙の作品を見せていただき、奥さんとお話しすることもできました。

 名尾和紙は、名尾地区で数軒あったのが、いまでは谷口さんのお宅だけになってしまい、ここがなくなると、伝統工芸が途絶えることになります。
 谷口さんは、原料となる楮の原木から育てて紙漉きをしておられるので、ここも地産地消の典型です。

 そういう職人の世界に触れてのゆっくりした休日となりました。

 帰りのラジオで、「集中豪雨によって、福岡で60ミリ、久留米で48ミリ、鳥栖で40数ミリ、石川県の七尾市で40数ミリ・・・」というニュースが流れ、鳥栖市と石川県かいな!と驚きました。今夜から明日にかけて、この雨が続くそうです。ご用心、ご用心・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック