アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「原発ゼロ」のブログ記事

みんなの「原発ゼロ」ブログ


山口知事が玄海原発再稼働の容認を表明!

2017/04/24 20:36
佐賀県の山口知事が3時に玄海原発再稼働の容認記者会見をする予定というので、1時ごろから県庁ロビーに再稼働に抗議する人々が集まり始めました。玄海や武雄、画像福岡からも駆けつけ、容認の記者会見の前に、市民、県民にこれまで提起してきたことへの説明をすべき、と知事との面談を求めて待機しておりました。


知事は会見前には市民に会うつもりもないし、申し入れ文を受け取ることもできない、ということで、係の誰かを対応に出してもらうように、と求め、集まった人々の代表が折衝し、その経過を報告してくださっていました。


しかし、 県庁への申し入れは当日の3時をもって締め切られるとのこと。

3時から始まる記者会見まで会おうとしない知事に業を煮やして、集まった市民たちは用意した申し入れ書を渡すために11階の会議室に上がり、原子力エネルギー課の担当職員に対して抗議しながら要請書を渡しました。

福岡からも駆けつけた方は「県画像外の自分たちには全く理解を求められていないし、理解もしていない」という強い抗議もなされました。

「さよなら原発 佐賀連絡所」の豊島代表は、口頭で「なぜこんな大事な問題で知事は直接県民に説明もないまま、容認表明をするのか。これまで出してきた疑問に全く答えていないではないか」とズバリ。

当初、「会議室を用意するが代表10名くらいしか入れない」ということでしたが、県内外からわざわざ集まったのに、下のホールロビーで待っているなんて…という意見も上がり、結局集まっていた50名以上の人々が、入り切れるまで会議室に入ろう、ということで上がったので、少なくとも「様子がわからない」ということにはなりませんでした。

渡した申し入れ書は、必ず会見前には知事が読んで臨ん画像でほしい、ということも求めての申し入れとなりました。

その後、会見の様子は「庁内テレビで放映」とあったので県民ホールに降りて置かれたテレビを見ようとしたら、見られる体制になっておらず、受付の方にお願いして電源を入れてもらったり、とアタフタする一幕も。こんな大事な時に、庁内放送をロビーで見られるようにするくらい、前もって考えていてほしいものです。

3時になって、無事に映し出されると、小さな画面を囲んで食い入るように集まりました。

山口知事が「悩みに悩み画像抜いて」「何よりも県民の安全を第一に」「真摯に愚直に」と言葉を重ねたあげく「結論から申せば、原発依存から脱することを求めつつも、再稼働はやむを得ないと考える」と述べたとたん、「ウソつき」「どこで安全確認したのか」「県民は理解してないぞ〜!」などの声が沸きました。


私は、そのあと議会の用務のために抜けたのですが、会見後に再び抗議の申し入れをされたそうで5時過ぎまでやりとりがあったとのこと。


知事が容認しても、まだ工事などの手続きがあり、実際の再稼働は秋頃ともいわれています。スイッチはは押されてはいません。そして、仮に動いたとしても、全国の54基の原発の中で動くのはまだ川内、伊方、高浜、玄海の4カ所です。止める方向に持っていくことを諦めることはありません。


そういう決意を固めた1日でした。
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山口知事が明日にも玄海原発の再稼働に同意表明ですって⁉

2017/04/23 14:52
昨日、世耕経産大臣と面談した山口知事は「国の責任もってやる決意がうかがえた」といいますが、現に続いている福島原発事故の収束と被害者の生業再建について、とうてい責任を果たしたと言えないのに、何を基準にしているのでしょう。

また、使用済み核燃料や高レベル放射性廃棄物処分の加速、ということについても、核燃料サイクルは破綻している中で、あと5年もすれば玄海原発の核のゴミがいっぱいになる事をどう考えるのでしょう。

百歩譲って、避難のための道路や港湾などのインフラ整備について要望していますが、それをいうなら再稼働よりインフラ整備完了が先でしょう。

立地地域へのさらなる振興対策の促進は、裏返せば立地自治体以外は被害だけを被る仕組みが一層加速することに他なりません。

地元同意の範囲どころか「地元同意のしくみ」すら作ろうとしない経産大臣の態度に対してこれ以上何も求めないのでしょうか。

こんなやり方で「明日にも同意表明」など許せません!
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


原発ゼロカフェから世耕経産大臣への県庁前抗議アクションへ

2017/04/22 14:55
午前中は「原発止めよう!九州玄海訴訟」の佐賀市の画像原告団による毎月第4土曜日の「原発ゼロカフェ」に参加。

この間の県や国の動き、私たちの取り組みについて話し合いました。

県民説明会や意見箱でも「再稼働反対」や慎重意見が圧倒的に多い中で、「県民の理解が進んだ」とは到底言えないし、安全性の確認だってまともにできない中で、知事が再稼働容認を判断するのは、本来おかしいのではないでしょうか。

とはいえ、事態どんどん進んでいくことに不安を覚える意見が出されたのに対し、福島の事故の前から長い間プルサーマル反対の運動を続けてこられたSさんが「私は全然悲観してないよ!前は原発が危険だという人は世論調査でも数パーセントしかいなかったのに、今では過半数が再稼働に反対しているなんて、夢みたい。もう一歩で止められる、と私は思ってる」と力強く語られたのに、みんな「そうか〜、さすが叩き上げは違うね〜!」と、大いに励まされました。

そして、午後からは知事との面談に来佐するという世耕経産大臣に抗議するために県庁前に集結しました。

私は予定があって大臣到着前にアクションからはずれましたが、「再稼働させない」という決意をしっかり共有してきました。
画像

画像

画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


浪江まち物語つたえ隊から恩返しプロジェクトDVD届く

2017/04/22 09:21
昨夜帰宅したら、「浪江まち物語つたえ隊」の小澤是寛さんからDVDが届いていました。


浪江町の避難先である桑折町への恩返しプロジェクトとして制作された画像最新作「浪江避難先物語 こおり」と東北まち物語紙芝居化100本プロジェクトのアニメ作品のひとつ「見えない雲の下で」の2本がそれです。


「見えない雲の下で」は、原発事故により避難を余儀なくされた浪江町の語り部 ・佐々木ヤス子さん(故人)が体験した放射能という見えない雲の下での避難生活を描いたものだそうです。

「こおり」は、浪江町の避難先として福島県内で最も早く仮設住宅を提供してくれた桑折町について、その町の歴史と魅力を紹介しつつ、そこに負けない魅力を持った浪江町という故郷がありながら長きにわたる避難生活を余儀なくされていること、今年4月から一部避難区域が解除されたとしても安全は保障されない、そんな中での迷いや苦しみにめげそうになることもあるけれど、避難先の一住民として、自分たちの町、避難先の町の歴史と文化・魅力を伝えたい、との思いで作られています。
ちなみにこの作品にも先月来佐された浪江町の石井絹江さんや桑折町の高橋宣博町長と浪江町の馬場有町長も声の出演をされているようです。

先月取り組んだ「3・11 福島を知る映画のつどい」を通じて実行委員会からまち物語つたえ隊へのささやかな募金をお送りしたことへのお礼とのこと。
実行委員会で見せていただき、また今後も福島のこと、浪江のことを伝えていければと思います。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


さよなら原発佐賀連絡会で知事申し入れと金曜アクション

2017/04/21 19:39
先週13日に県議会が「原発再稼働容認決議」を採択し、画像明日、世耕経産大臣が来佐して知事と面談するという緊迫した状況の中で、毎週金曜日に県庁前で原発再稼働反対のアクションを続けている「さよなら原発佐賀連絡会」として、山口知事あてに申し入れを行いました。

県民の声を聞くといいながら、「総合的な判断」の根拠の基準が明確に示されないまま、また、この間様々な場で提起されてきた疑問や不安に対しての明確な回答のないまま、再稼働に向かうことのないように、という柱での申し入れでした。

担当係長の対応で、知事に直接問いただすことができないのがもどかしい思いでした。

その後、いつものように県庁前でのアピール行動にも参加しました。

明日は世耕経産大臣が来佐し、11時に玄海町に行き、その後3時に佐賀で知事と面談するとのことなので、13時半から県庁正門前でのアピール行動が行われる予定です。

ご参加可能な方は、どなたでもお越しくださいませ。
画像

画像

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


佐賀県議会が玄海原発再稼働の容認決議

2017/04/13 13:22
11日から開かれてきた臨時佐賀県議会の最終日、玄海原発再稼働に関して、最大会派の自民党が容認決議、民進党が「容認やむなし」決議、共産党などが再稼働反対決画像議、という3つの決議案が出されるということで、朝から県議会前での抗議行動に参加しました。

その後、11時からの本会議を傍聴したのですが、最前列の真ん中といういわばS席から眺めた県議会の状況は情けないものでした。

容認やむなし、の民進党案には「何が言いたいのかわからない!」という声が飛び、再稼働反対の一真の会には拍手がわきました。そして再稼働容認の自民党案の提案説明は公明党議員。その中で「県民の中には不安の声も少なくない」「安定的で安価なエネルギーの供給が必要」という説明に対しては「反対の声が多いと思うならなぜ容認か」「原発は安くないぞ」などの声が飛びました。

要するに、容認するという立場の決議でも、県民の理解が進んでいないことを認めているのです。

知事は「安全性が確認され、県民の理解を得ることを前提に再稼働を判断する」と言い続けてきましたが、避難計画もまともに確立していないし、地震・火山などの対応策も含まれていない規制基準に適合したからといって安全性が確認されたとは言えないと思います。
そのうえ県民の理解が進んだとは言えない、というなら、再稼働に向かう根拠はないはずです。

説明のつかない容認決議が賛成多数で採択された瞬間、傍聴席から怒号が飛びました。

知事は「県民の代表である県議会の意思を重く受け止める」と言いますが、世論調査で過半数を超える再稼働反対の県民の声を無視することは許せません。これで諦めずに、議会の外での世論を広げよう、との決意を新たにしました。

閉会後も議会前での集約集会のあと、街頭での抗議アピール行動まで参加し、元気よく訴えました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山本原子力防災担当大臣の来佐に県庁前で抗議アクション

2017/04/09 20:10
午後は、昨日から来佐し、玄海原発を視察した内閣府の山本公一原子力防災担当大臣が、午後3時頃から山口知事と意見交換をしにやって来るというので、2時から県庁前で行われた抗議、要請行動に参加しました。

毎週金曜日の県庁前アクションをしている「さよなら画像原発佐賀連絡会」や「原発なくそう!九州玄海訴訟原告団」「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める会」のみなさんとスピーチやコールを交えてアピールしました。

3時ちょっと前、ちょうど私がスピーチのマイクを握っていた時に山本大臣ら一行のバスが県庁に到着しました。それから出てきたのが3時半ごろでしたから、いったいそんな短時間で玄海原発再稼働に関する何を深めることができるでしょうか。

しかも、花見時の日曜日の午後だなんて、県民の関心の集まりにくい時を狙ったかのようで、そのことも腹がたつというものです。

交代でコールを務めましたが、いつもの「玄海原発再稼働再稼働させない!」などに加えて、今日はあらたなバージョンで声をあげました。

「佐賀県だけで 勝手に決めるな」画像
「福岡県民の声も聞け」
「長崎県民の声も聞け」

「放射能は飛んで行く」
「風に吹かれて飛んで行く」
「どこどこまでも 飛んで行く」
「知事は責任取れるのか」

83万県民の命を守るために、県民の声を聞け、という訴えが終始 県庁前に響きました。




画像

画像

画像

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さよなら原発佐賀連絡会の金曜アクション

2017/04/07 19:35
毎週金曜日の「さよなら原発佐賀連絡会」主催の県庁前での金曜アクション。

画像
玄海原発再稼働に向けて、知事が11日に臨時県議会開こうとしていること、佐賀出身の今村復興大臣の「自主避難社は自己責任」「うるさい、出て行け」発言など、取り上げる話題に事欠かないどころか差し迫った情勢になってきているということもあり、今日は次々にリレートークのマイクが引き継がれていきました。


私も最後の3分、マイクでの訴えが回ってきましたので、「4月11日という、東日本大震災の被災地行きの皆さんにとっては『月命日』でもあるという日に、あえて原発再稼働問題で臨時県議会を開くことについても気持ちがざわめくものがある。県民の代表と言われる県議会の意見を聞く、と言ってもその大多数は『再稼働容認』の議員で占められていて、それで終わりにすべきでない。本気で県民の判断を仰ぐというなら 県民投票にでもかけるべき」と訴えました。


この土日には、原子力防災担当大臣が来佐するということもあり、11日までも、そしてその後も気の抜けないことになります。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さよなら原発の金曜行動からの 佐賀の夜景を楽しむプロジェクションマッピング

2017/03/24 19:58
5時半から県庁前の楠の栄橋で「さよなら原発 佐賀連絡会」の金曜行動に参加。

山口佐賀県知事が、玄海原発再稼働の判断に関わる臨時県議会を4月11日に開く見通しだとのニュースがかけめぐり、じっとしてはいられない、と私もマイクを握りました。

その後、県庁の展望ホールで去年の夏から3月末まで行われているプロジェクションマッピング「Night of Light」をほぼ半年ぶりに観にきました。(毎日、夜10時まで開催中です。入場無料です)
佐賀の夜景と組み合わせてのプロジェクションマッピング、いろんな人を連れてきたかったのに、想いを果たせずにいました。

佐賀、いいですよ〜!
こんな空、こんな四季のゆたかな故郷を守りたい、という思いと
だからこそ、原発を止めたいし オスプレイや軍用機を飛ばさせたくないのです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


玄海原発再稼働についての県内外の首長アンケート

2017/03/17 11:42
今日の地元紙に玄海原発再稼働に対する県内市町の首長のアンケートが載っていました。


賛否について、わが佐賀市の秀島市長は知事とともに「選択せず」となっていました。たしか昨年3月のアンケートでは「条件付き賛成」あたりだったと思いますから、私は前進と受け止めています。


望ましい「地元同意」の範囲についても「立地自治体と県内30キロ圏」でも「県内全自治体」でもなく「その他」となっているところに認識の深さが伝わってきました。


秀島市長は1月末に飯舘、南相馬市、浪江町、双葉、大熊町などの原発被災地を視察して浪江町の本間副町長との意見交換もされているので、これまでとは確実に認識が変わられていると思います。


「地元同意」についても放射能被害の広がりは立地自治体だけのものではないし、そこを誰が責任持つのかということが明確になっていないという問題意識を持たれたのではないかと思います。


そういう意味では、全国の原発立地近辺の自治体の首長は、直接原発被災地に足を運んで目の当たりにすべきだと思います。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
「3.11福島を知る映画のつどい」に220人
 「3.11福島を知る映画のつどい」は、おかげさまで220名のお客さまにご参加いただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 00:43
福島のドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」
福島のドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」 原発なくそう!九州玄海訴訟原告団の主催で、ドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」の上映会が開かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 13:06
福島原発事故が、もし玄海原発で起きていたら・・・と考える動画
  福島第一原発事故が、もし玄海原発で起きていたら・・・・という話をよくしますが、それが見事にイメージできる動画が公開されました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/11 07:07
今月の原発ゼロカフェ@佐賀
今月の原発ゼロカフェ@佐賀 毎月第4土曜日恒例の原発ゼロカフェが、今月は会場の都合で第3土曜日の今日になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 10:53
佐賀県、原子力防災訓練で初めての広域訓練
 今日は佐賀県の原子力防災訓練が8時から行われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/10 10:11
福島原発事故は今も続いている〜現在進行形であることを忘れない
福島原発事故は今も続いている〜現在進行形であることを忘れない  佐賀市立図書館で開かれていた「福島のいま」写真展の最終日、市内在住の元除染作業員の話を聞く会にも参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/06 23:11
3.11から5年 東日本大震災福島原発事故 地元紙報道と元原発作業員がみた「福島のいま」写真展
3.11から5年 東日本大震災福島原発事故 地元紙報道と元原発作業員がみた「福島のいま」写真展  東日本大震災から5年の節目、さまざまなメディアが被災地の今と「あのとき」からの日々を振り返る報道を繰り広げています。被災三県をめぐって、多様な角度からの取り上げ方をしているので、それぞれに考えさせられ、気づかされることが多いとあらためて感じます。  5年経って、復興が進んだといわれている部分と、まだ時間が止まったままの部分、新たな課題が立ちはだかる部分がありますが、とりわけ福島原発事故をめぐる被害は広範囲かつ重層的に及んでいるのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/05 14:30
はやくも2月 6日には「原発なくそう!原告1万人記念フェスタ」が!
はやくも2月 6日には「原発なくそう!原告1万人記念フェスタ」が!  ついこの前「明けましておめでとうございます」とあいさつを交わしていたのに、もう2月です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/01 22:41
フクシマから考える避難計画
 夜は、止めよう原発!九州玄海訴訟の原告団主催による「フクシマから考える避難計画」とする学習会に参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/10 23:20
福島に心よせているのか〜再稼働に条件つき賛成の佐賀県内15人の首長
福島に心よせているのか〜再稼働に条件つき賛成の佐賀県内15人の首長 昨日はNHKで東日本大震災から3年ということで午前中からお昼をはさんで夕方まで通算5時間、生放送のスペシャル番組が放映されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/10 08:39
さよなら原発金曜アクション@佐賀県庁横に70人
さよなら原発金曜アクション@佐賀県庁横に70人  今日は「さよなら原発佐賀連絡会」による毎週金曜日の佐賀県庁横アクションに参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/25 23:44
市議選最中にもさよなら原発
市議選最中にもさよなら原発    毎週金曜日のさよなら原発佐賀連絡会の県庁横アクションに、たすきをはずして今週も参加しました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/18 18:30
さよなら原発佐賀県庁横アクション
さよなら原発佐賀県庁横アクション さよなら原発佐賀連絡会の佐賀県庁横アクション、今日も頑張ってますよ〜o(^o^)o ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/11 18:07
さよなら原発 佐賀県庁東アクション、今週から30分繰り上げ!
さよなら原発 佐賀県庁東アクション、今週から30分繰り上げ!  毎週金曜日に佐賀県庁東の楠の栄橋の上で行われている「さよなら原発 佐賀連絡会」のアクションは、今夜も少し冷たい風の吹きぬける中で行われました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/04 21:44
さよなら原発@佐賀県庁横金曜アクション
さよなら原発@佐賀県庁横金曜アクション  毎週金曜日の官邸前でのさよなら原発アクションに呼応しての佐賀県庁横アクションは、今日も午後6時から7時まで行われ、むとう明美県議とともに私も参加し、いつものように脱原発コールもさせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/13 23:56
「おのくんのお茶っこ」からさよなら原発 @佐賀県庁横金曜アクションへ
「おのくんのお茶っこ」からさよなら原発 @佐賀県庁横金曜アクションへ  夕方は、iスクエアビルの市民活動センターに立ち寄って、宮城県人会さが有志で、「おのくんのお茶っこ」をしました。  「おのくん」とは、宮城県東松島市小野駅前応急仮設住宅におすまいのみなさんが、全国からおくられてきたソックスにダイソーの綿をつめて作ったおサルのぬいぐるみで、小野駅前にちなんで「おのくん」と名づけられています。  このおのくんの里親になって、いつも被災地のことを思っていてほしい、という願いがこめられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/06 22:42
さよなら原発@佐賀県庁横金曜アクション
さよなら原発@佐賀県庁横金曜アクション 今週も「さよなら原発佐賀連絡会」による県庁横アクションに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/23 19:09
お盆明けの「さよなら原発!」
お盆明けの「さよなら原発!」  お盆明けの金曜日、いつものように「さよなら原発・佐賀」の県庁東アクションに参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/16 20:31

トップへ | みんなの「原発ゼロ」ブログ

山下明子の幸せの黄色いニュース 原発ゼロのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる