アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宮城県人会さが」のブログ記事

みんなの「宮城県人会さが」ブログ


コミュニケーションについて考えた ドキュメンタリー映画「Start Line」

2017/02/12 14:57
耳が聞こえない映画監督・今村彩子さんが2015年7月1日に沖縄を出発して8月26日に北海道の宗谷岬まで全国縦断の自転車旅を敢行し、コミュニケーションが苦手な今村監督が自転車旅を通して出会った人々とのコミュニケーションについて考えるというドキュメンタリー映画「Start Line」が昨日から17日までシアターシエマで始まりました。

今日は宮城のドキュメンタリー映画を観る会の主催で今村監督のトークライブとランチ交流会もついた特別上映会で、私もスタッフの一員として宮城県人会さがのグッズ販売を担当しました。
画像

画像


映画もトークライブもは椅子を追加しての満席の大成功。
画像

 監督を囲んでのランチ交流会は約20名の参加でしたが、全く手話のできない人は私を含め3名でしたから、通訳をしてくださる方や、手話もできるサポーターの方の力を借りて意思疎通を図ることができました。
画像

画像

映画にも出てくるのですが、普通なら聞こえる人たちの中で聞こえない人が「話に入れない」と思うことが多いのに対し、一転して逆の立場になることによって、コミュニケーションをとるには常に相手を尊重する、相手の存在を認めることの大切さをあらためて思い知らされました。

たとえば、手話だと静かに話せる便利さがある一方で、常に相手を見ていないと会話が続きません。唇の動きを読み取るにしても同じです。停電して真っ暗になったらどんなに孤独だろう、とも思います。これは実際に「架け橋 きこえなかった3・11」という映画の中で今村監督が提起したことでもありましたっけ。


目の見えない人と聴こえない人との意思疎通はどうすればいいのかしら、など、いろんなハンディを持った人たちが世の中にはたくさんおられて、その人たちも含めて世の中を形作っているのだということ。それから、コミュニケーションというのは、思い込みで決めつけず相手の気持ちを確かめながら、お互いに何を必要としているかを知ることだと、当たり前だけど意識しておかなくてはならないな、ということも映画や交流を通して痛感しました。

手話の飛び交う中で、静かなのに賑やか、という不思議な体験でもありました。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


益城町のテクノ仮設団地 おひさまカフェを訪問

2016/10/29 16:46
益城町の最大の仮設団地、テクノリサーチパークの団地に来ました。



毎週土日に熊本学園大学の学生さんたちが取り組んでいる「おひさまカフェ」に宮城県人会さがで繋がった沖縄のイラストレーター、森琢磨さんが似顔絵ボランティアをなさるということで、代表の富田万里さんとやってきたというわけです。


前に来た時は平日だったし、まだ仮設団地が動き始めるような時期だった事もあり、だだっ広いだけの印象でしたが、最近は仮設敷地内に仮設の店舗ができ、日常に近い暮らしができつつあるようです。


カフェにやって来るのは 、高齢者のみなさんから小さな子どもまでいろいろ。オセロが得意なおじさん、美容師の資格を持ったおくさん(しかも佐賀市松原の美容室にいたことがあるという…)、空手の優勝メダルをたくさん持って来て見せてくれる男の子、近所のお友達と連れ立っての奥さんたち、赤ちゃん連れのママさんなどなど。


学生さんたちがしなやかに相手をしながら、ゆったりと時が流れていきます。


森さんは、次々に似顔絵をかいていかれ、その特徴をとらえたイラストに、みんな照れたり大笑いしたり。でも、「うちの宝にします」と誰もが喜んでいました。


私も描いていただきました。


カフェにいらっしゃる方のお話を伺うと、自宅が全壊した方や、大規模損壊で公費解体を申し込んでいるけれどまだ順番が回ってこない、家族5人だけどじいちゃんだけ仮設に馴染めずに別の所で息子と住んでいるとか、事情もさまざま。


多くのみなさんに共通していたのは、「いまが一番幸せ」「ここがあるから楽しみ」という言葉でした。これは、福島の浪江町の仮設団地でも聞いた言葉でした。人と人をつなぐことがやはり大事だとあらためて感じる1日です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


震災5年目に向かい思いをはせる例会@宮城県人会さが

2016/01/11 23:31
 お昼をはさんで、宮城県人会さがの「奇数月の例会」が神野公民館で開かれていましたので、女性の名刺交換会のあと、飛んでいって参加しました。

 今日はお弁当を食べながらの新年会の位置づけだったのですが、私はみなさんのお顔を見に遅れて参加します、と伝えていましたので、着いたときは参加者による一言発言のさなかでした。

 けれど、持ち寄りのお漬物や煮豆、などなどをお皿に取っておいてくださっていて、それらをつまみながら、みなさんの近況報告を聴かせていただきました。

 宮城県人会さがには、宮城出身や学生時代・転勤などで住んでいたことのある方を中心としながらも、私のように宮城あるいは被災地と直接つながっていたい、という思いを持つ「サポーター会員」も数名おられます。また、話題は宮城のことだけでなく、福島原発事故や岩手の被災地のことにも広がり、支援の交流も広がっています。

 今年はいよいよ震災から5年になりますが、被災地と佐賀をつなぐ役割をじっくりと果たしていきたいという思いをあらためて強くしました。

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東北復興支援バザー@宮城県人会さが

2015/03/15 21:31
 今日は佐賀県が主催している東日本大震画像災写真展の会場で、宮城県人会さがとして東北復興支援バザーが行われました。

 11日の例会で「売り子スタッフで参加できなくても、ぜひ、買い物に来てけらいん♪」ということだったので、午後の街頭宣伝の合間を縫って、ゆめタウンに足を延ばしました。

 さすがに休日のゆめタウンなので、人出も多く、けっこうお買い求めいただいていたようです。私も、いつものように仙台あぶら麩と鯨の大和煮缶詰でしめて1000円なり、ということで頂きました。

 写真展の方も、当時画像と今とを比べる定点観測的なものから、当時の被災三県の地元新聞のパネルなどが展示されていて、南三陸町や石巻など、私も訪れた地域の写真は特に食い入るように見るうちに、涙でにじんでしまいました。

 当時の新聞の中で、福島原発の1号機の水素爆発のあと、立ち入り禁止区域でもたまらずに自分の田んぼを観に行ったという農家の方のコメントがあり「もう、コメはできないかもしれんな・・・」とつぶやいた、とあったのですが、まさか4年経ってもなお、状況が変わらないことになるとは、この頃は思われなかったかもしれない・・・・と、胸がつぶれそうになりました。

 帰宅してテレビをつけていたら、ニュースでこの取り組みのことが紹介されたので、嬉しくなりました。

 被災地のことは忘れない、という取り組みが、いろんな形で行われることがいまとても大事だとあらためて思います。
画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3.11 締めくくりは「宮城県人会さが」例会

2015/03/11 23:32
 今日、3月11日の締めくくりは、やは画像り宮城県人会さがの例会でした。

 宮城県人会さがは、奇数月に例会をひらき、偶数月は会報の発行というパターンで、例会には広く参加者を募る場合もありますが、奇数月のうち、3月11日は会員限定のつどいとなっています。

 震災の避難者の方もおられますし、故郷や働き、学んだことのある宮城に思いをはせ、移り変わりや思い出を語り合うために、会員限定となっているのです。
 といっても、今回は新しい会員さんもおられ、自己紹介を兼ねながらの交流となりました。我が家の「おのくん」も仲間に会えるかと期待して参加したのですが、残念ながら一人ぼっちでしたので、次の機会はぜひ、「おのくん同窓会」を、とリクエストしました。

 いつもおいしい手料理やお漬物を手土産にお持ちくださる方もいらして、今回はその方の「お漬物レシピ」も発行されました。

 また、会員さんの働いておられる職場やお店の紹介もしあいながら、「今度行ってみよう」など和気あいあいとした雰囲気もある一方、今日まで仙台で過ごしてこられた避難者の方からは、宮城の復興住宅の取り扱いなどについての最新の動きなどの報告もあり、「オリンピックなんかやってないで、復興支援に手厚く継続的な手立てをうってほしい」という声がこもごも上がりました。

 例会の最後に、「希望の牧場」というふくしまの放射能汚染地域でも牛を育て続けている「希望の牧場・ふくしま」(⇒http://ameblo.jp/kibouno-bokujyou/)をモデルにした絵本の読み聞かせをしていただき、みんなで聞き入りました。
 宮城だけでなく、原発災害の福島も含めて、被災地全体の連帯で、復興への歩みを進めたいという思いを重ねあった、心温まる例会でした。
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「うたごころ」上映会・・・宮城のドキュメント上映とトークセッション@シアターシエマ

2015/03/10 23:24
 宮城県人会さがと被災地復興支援に取り組んでいる団画像体などで「宮城のドキュメンタリーを上映する実行委員会」がつくられ、今年中に3回の上映会に取り組む計画です。

 その第一弾が「うたごころ」で、3月10日19時からまちなかのシアターシエマで上映会とトークセッションが行われました。

 トークセッションでは、被災地に46都道府県の学生を送り、被災地と各地をつなぐ「きっかけバス」の一員とした参加した佐賀大学の学生さん、震災報道が少なくなってきたときに友人と「何かできないかしら」とメールで連絡とりあったことから被災地に支援物資を送ったり交流を続ける活動をしてきた佐賀北高美術部のメンバーを中心とした「83プロジェクト」の新旧代表さんらが、「なぜ被災地に関心を持つようになったのか」「被災地に対する自分の思い」「これからやりたいこと」について語り合いました。

 それぞれが、現場に足を運んでみて「だからこそ自分の故郷に何か役に立ちたい」と思ったり、現場にはいったことがないけれど、支援活動を通して、いつか佐賀の中高生と東北に行って、同年代の人たちと話してみたい、という思いを持っていたり・・・・ということで、若い世代の思いを聞いていると胸が熱くなりました。
画像

 映画「うたごころ」は、阪神淡路大震災関連のドキュメンタリーを作り続け、国際賞も受賞している椎葉 健監督が、2011年5月、シンガーソングライター寺尾仁志さんとともに震災後間もない南三陸町にカメラ1つで入り、現地で出会った気仙沼高校3年生の女子高生とその家族を通して、肌感覚で被災地を2次体験させてくれる作品です。

 私自身も震災の年の10月に南三陸町に足を運びましたので、防災庁舎の横に立って、まだ夕方の満潮時には海水が上がってきて水浸しになるような状況の中で聴いた水の音などがよみがえってきました。

画像

画像


 実は、どうしても別の用事があって、1時間ほどしか見られなかったのですが、この「うたごころ」には続編があり、12月にはその上映会も予定されています。

 ぜひ、一人でも多くのみなさんと、被災地の思いを共有できればと思います。
画像


 一足先に帰るということで、おなじみ「おのくん」グッズと映画のパンフレットを買い求めて帰りました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まちなかイベントに宮城県人会さが

2014/10/05 17:37
画像
土日で開かれていたまちなかイベントに宮城県人会さがで参加していたので、今日は午後からの店番に入りました。

といっても、佐賀北高の美術部を中心とした東北復興支援の「83プロジェクト」のみなさんが登録していたところに、宮城県人会さががコラボで乗っかったという感じで、北高の生徒さんがしっかりスタッフで入っておられました。

その上、午後から入ったメンバーは北高14期の「ばら組」仲間でもあり、県人会さが代表の富田さんもお子さんが北高の生徒さんでもありますから、北高のテントのようなものに…。

今回は、ブックマルシェというイベントに、市民活動センター移転一周年記念イベント、本の読み聞かせやブックバックづくり、コンサートなど、街中の広場やコンテナ、駐車場、お寺なども活用して一体的に行われていました。

残念ながら、すべてを見て回ることはできませんでしたが、県の国際交流センターで世界の民族衣装を着てみるコーナーがあり、アオザイやチャイナ服、チマチョゴリなど、またアラブやミャンマー、ブラジルなどの男女問わぬ衣装がとりどりでしたので、北高の生徒さんと一緒にチャレンジしてみました。

実は、アオザイやチマチョゴリを着てみたかったのですが、サイズが不安だったこともあり、ブラジルのリオのカーニバル用、というのを着ました。

もう、ほとんどタカラヅカ・ステージ・スタジオのようですね。
豪華絢爛の衣装と、帽子のスゴサで、みなさんにウケていました。もう、傾奇者ですね。開き直って、これで売り子にもなりました。

画像
画像
画像
画像
画像
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


宮城県人会さがの例会@白石町ドンベー

2014/05/11 20:46
 午後からは、奇数月の11日恒例の、宮城県人会さがの例会に参加しました。

 今回は、白石町の会員さんであるKさんが経営されているスナックドンべーでの交流会でした。初めて行きましたが、白石町の商店街の中にあるロッジ風の素敵なお店でした。

 2時から7時までのロングラン開催で、福岡県ちくご市から新入会のTさんも迎え、釣りたてのお魚やわかめ、白石玉ねぎのサラダ、煮込み、などなどをつつきながら、話に花を咲かせました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さが桜マラソン2014

2014/04/06 11:10
画像
さが桜マラソン2014、晴れて風が冷たいけれど、まあまあのコンディションかな。昨年の雨まじりよりはよさそうですし、沿道の桜も少しは残っているようです。

私は宮城県人会さがのブースで募金よびかけで参加です。昨年は一日中声をからして訴えていましたが、今年は最初の一時間弱の部分参加です。
今年も、昨年に続いて佐賀北高校の被災地支援「83プロジェクト」のみなさんが応援にかけつけてくれ、元気に呼び声を響かせてくれています。
いつも宮城県人会さがで募金を訴えていますが、こうした催しの中でも被災地に目を向けてくださる方がいれば、と思います。

今回も、親子連れや高校生、若者、年配の方など、いろんな方が協力してくださっています。

ちょうど知事や佐賀の副市長、神埼市長さんらがそれぞれ通りかかったところを声をかけたら、募金の訴えに加わったり、募金をしてくださったり、とご協力いただきました。

桜マラソンは午後3時過ぎまで行われます。私はこれから神埼に向かいますが、折り返し地点の吉野ヶ里公園あたりもかなり賑わうことと思います。

ランナーのみなさん、完走めざしてFan Run!
沿道のみなさん、ランナーを見かけたら、応援の拍手や声援をよろしく!
みんなで、気持ちよくランナーが走れるように、できることで1日支えられたら、と思います。

画像

画像

画像











画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


今月は生サンマ例会!〜宮城県人会さが11月例会

2013/11/11 19:50
画像
今日は東日本大震災から2年8ヶ月目の月命日です。
毎回奇数月の11日には例会がありますが、今月は三陸の生サンマを食べる会となりました。

ただいま、神野公民館の調理室はサンマの煙ですごいことになっています。援軍でサンマ定食に惹かれた地元の龍ちゃんも飛び入り参加。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
震災から2年半、宮城県人会さが、佐賀新聞のまちかどカレンダーに登場!
震災から2年半、宮城県人会さが、佐賀新聞のまちかどカレンダーに登場! 今日は9月11日、東日本大震災から2年半が経ちました。未だに被災地では住宅や営業など生業の再建が遅々として進まぬまま、時計の針だけが動いている感じの方もたくさんおられるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/11 12:46

トップへ | みんなの「宮城県人会さが」ブログ

山下明子の幸せの黄色いニュース 宮城県人会さがのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる