山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 【佐賀にも日本のどこにもオスプレイいらない!6・10連帯集会】

<<   作成日時 : 2018/06/10 18:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

午後からは「佐賀にも日本のどこにもオスプレイい画像らない!6・10連帯集会」(主催;オスプレイ配備反対佐賀県連絡会)で佐賀空港の地元、南川副小学校体育館に行きました。


4月1日に「佐賀空港の自衛隊・オスプレイ配備反対地域住民の会」主催の大集会があって間もないことや田植えの時期と重なっていたこともあってか、300名弱の参加というのがちょっともったいない気がしました。


このテーマで地元で行われる集会は、誰が主催であっても満員であってほしいというのが正直な思いです。しかも、今回は盛りだくさんで中身の濃い、とても勉強になり励まされる内容であっただけになおさらです。
画像

画像


今回は@地域住民の会の古賀初次会長のほか、A佐賀空港になぜ自衛隊を配備するのかの発端となる佐世保基地の実態(ながさき平和委員会の富塚明事務局長)、B 佐賀空港への自衛隊配備で大きな影響を受ける柳川市の運動の取り組み(佐賀空港にオスプレイはいらない福岡県連絡会準備会の鎌倉紘基事務局長)、C米軍岩国基地所属の米軍機の緊急着陸の第1基地とされている福岡県築城基地の実態、航空自衛隊駐屯地が米軍が自由に使える基地に変質していて地元自治体が説明を求めても何も知らされないという実態、「自衛隊だから大丈夫」とは言えないということ(行橋市議の徳永克子さん)、D佐賀空港の自衛隊配備が実現するまでに、とオスプレイの暫定配備が押し付けられようとしている木更津駐屯地をめぐる市民のたたかいの話(オスプレイ来るないらない木更津住民の会・野中晃さん)、E同じオスプレイでも輸送用のMVオスプレイではなく、特殊作戦用のCVオスプレイが配備されている横田基地の住民のたたかい(横田基地の撤去を求める西多摩の会・寉田一忠事務局長)、F「基地と共存するまちづくり」を掲げてきた岩国市は、基地交付金を頼りに給食の無償化などに取り組もうとしているが、基地交付金は麻薬であること、いまや岩国には普天間、横田、三沢基地の米軍機が中継基地として使うようなハブ基地になっていて、住民のあいさつは「うるさくてようやれんわ」となっていること。民間空港である佐賀空港には絶対に自衛隊を受け入れてはいけない、アリの一穴となり、米軍はもれなく付いて来る、という警告(山口県平和委員会の吉岡光則会長)ら7名の方による基地のあるまちの実態を具体的に語っていただく貴重な機会となりました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像


とくに木更津の駐屯地が実は元々米軍基地で1947年以来返還を求める動きもなくこれまでにきたこと、基地周辺が国有地であり、佐賀空港のように民間の地権者がいないことなど、初めて知る話がありました。
木更津の方たち自身が、オスプレイの整備拠点問題が浮上してきた時に初めて米軍基地だったことに気づいたというくらいですから、佐賀空港問題で佐賀市議会の特別委員会が木更津に視察に行った時に「漁業者などからも特に意見はなく問題もないとのこと」という報告がされたことの背景に、そういうことがあったのか、と認識を新たにしました。



さらに政党からは原口一博衆議院議員(国民民主党)田村貴昭衆議院議員(共産党)松永憲明佐賀市議(社民党)が連帯のあいさつと報告の発言をされました。
画像



原口代議士は、安倍政権になってFNS調達(戦闘機などの先買い)が600億円を超え急増していること、消防予算は184億円でオスプレイ1機分にも満たないこと、危険を煽りながら装備を増やしていること、佐賀と木更津の押しつけ合いや普天間とグアムの押し付け合いではなく、世界的に見てもこんなやり方はやめるべき、国会でも県議会、市議会でもオスプレイ配備反対、安倍9条改憲反対を掲げる勢力を過半数にしよう、と力強い決意表明をされました。
画像



田村代議士も、なぜ佐賀空港なのかというところから紐解きながら「島嶼部の奪還」という防衛省の言い分の根拠を「どこを相手に想定しているのか」→「中国」→「中国が攻めてきそうな動きがあるのか、仮想敵国としているのか」→「そんなことはない」という国会答弁を引き出して崩したことや、「島嶼部」を尖閣諸島と想定していることについて、歴史的にも日本の領土であることをわかりやすく示し、米朝会談を前にトランプ大統領さえ「最大限の圧力制裁とは言わない」として北朝鮮との関係も緊張緩和の方向に向かっていることをふまえ、佐賀空港への自衛隊・オスプレイ配備の必要性がないとキッパリ語られました。
画像

画像

画像



松永市議は、昨年12月に佐賀市議会が「自衛隊配備容認決議」を20対15で可決したことを中心に、市議会での議論の経緯や今後の取り組みの展望をかなり綿密に報告されました。
画像


ちなみに、オスプレイ問題での一般質問は市議会で「のべ30回」されたとのことでしたが、あとで松永議員と話した時に「あっこさんがそのうち10回で最多、地元の川崎議員が7回、俺が5回やったもんね、調べたよ」とおっしゃってました。確かに、この問題が浮上して以来、ほぼ毎回と言っていいほど自衛隊オスプレイ問題を質問してきました。今回は取り上げていませんが、議会に特別委員会も作られていない中ですから、意識的に誰かが常に問題提起しておく必要はあると思います。



集会では、質問カードによる質疑応答の時間も予定されていましたが、かなり時間も過ぎてしまいお一人だけの質疑応答となり、集会アピールを採択して終わりました。
画像



今日の集会には木更津市議でFacebook友達の田中のりこさんも一般質問を前に駆けつけてくださっていました。田中さんもですが、今日の各地からの報告者の方も「佐賀のたたかいに学びたい」と言われていたのが印象的でした。文字通り地権者・漁民のみなさんの頑張りに依るところが大きいと思いますが、まだまだ全市民的・全県的な取り組みに広げなくては、との思いを強くしました。



今日の集会の中身をまわりに語り広げながら、世論に働きかけていきたいと思います。
画像




#佐賀空港への自衛隊配備はお断り
#日本のどこにもオスプレイいらない
#自衛隊に米軍はもれなくついて来る
#アリの一穴
#たたかう主権者
#バルーンの空にオスプレイいらない
#平和な佐賀を未来に残そう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【佐賀にも日本のどこにもオスプレイいらない!6・10連帯集会】 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる