山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐賀市議会のICT化推進へ

<<   作成日時 : 2018/02/07 16:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

午後からは市議会のICT推進担当者会議でした。画像


佐賀市議会では一昨年11月頃から全議員にタブレット端末が貸与され、選挙を経て新しい議員が揃ったところで、改めてさらなるICTの推進をめざすべく、協議を進めています。


議会運営委員会で選任した4名の議員(松永幹哉議員、山下伸二議員、野中宣明議員、永渕史孝議員)によるプロジェクトチームと議会事務局で具体的な案を練っていただき、それを各派に1、2名ずつ置いたICT推進担当者で共有しながら全体の認識につなげていくという流れです。


今回はタブレット端末の運用について、現在委員会や各種会議に限られたタブレット端末の持ち込みを本会議にも広げるにあたって、どのタイミングか、どのような使い方まで許容するか、などの協議と、ペーパレスの書類の範囲についての協議が議題でした。


この会議はもちろんペーパレスなので、レジュメはスクリーンショットでご紹介します。


タブレット端末の本会議画像持ち込みは、むしろ佐賀市議会より後に議員配布となったみやき町の方が進んでいて一般質問で動画が活用されているというように、むしろ遅すぎるくらいでもあります。


ただ、タブレット端末の利用については、全議員が行き渡っているかといえば、習慣づけられていない方もあって会議の通知はペーパレスのメールに統一されていてもタブレットを確認しない方は気づかないままということになってしまいかねません。


そこをどうするかという議論の中で、先に進みたいのにいつまでも進めない、というのでなく、触らずにいられない環境を作りながら引っ張って行くしかない、ということで、例えば本会議の最終日の議事日程や委員会報告、意見書案などは机上配布をせず「見たければタブレット端末を持つしかない各戸というようにしよう、となりました。もちろん、執行部や傍聴席にはこれまで通り資料として配布されますが、あくまで議員はタブレット端末ということです。


そういうわけですので、2月議会の本会議場でタブレット端末を開いている議員を傍聴席から見て不真面目だと思わないでくださいね。ちなみに、会議に必要な資料や他の議員の質問も含めて一般質問や議案質疑に関する事柄の検索などは利用する範囲に入っています。写真撮影や会議中のSNS投稿などはNGということになります。


せっかくのタブレット端末の活用とICT化が議会の活性化の役に立ちますように、みなさまも見守っていてくださいませ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐賀市議会のICT化推進へ 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる