山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 閉会日前に緊急の広報広聴委員会ひらく

<<   作成日時 : 2017/12/18 15:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は明日の閉会日を控え、本来は休会日ですが、緊急に議会広報広聴委員会が開かれました。


それというのも、従来の佐賀市議会だよりでは、「賛否の分かれた議案等の採決結果」というコーナーで、全議員の議案に対する態度がわかるようにしているのですが、市長提案議案と請願だけが対象で、意見書や決議案は掲載されていません。
ただし、全会一致の決議だけは全文が掲載されています。画像


15日の議会運営委員会の結果、市長提案の議案については賛否が分かれる見込みがなく、請願もだされていないので、従来の編集方針だと何も掲載されないことになります。


ところがご存知のように、今議会には佐賀空港への自衛隊配備容認決議案が自民党会派から提案されており、それに対する反対の会派が多いのです。
たとえ賛成多数で可決されたとしても、これまでのやり方だと【賛成多数で可決】のみ記載され、どの会派が反対したか、賛否の割合はどうだったのかさえわかりません。


そこで、今度の議会だよりでは、この決議についてはきちんと賛否の結果を載せ、会派の見解も載せるようにしてはどうか、と投げかけて会派での協議を呼びかけました。
議会だよりの編集日程の都合で、初稿の段階では遅くなるため、閉会前に問題提起し、明日、改めてその結論を持ってこよう、ということになりました。



ただ、私は今回の決議だけでなく、意画像見書・決議案はすべて市長提案の議案と同じように本会議に上程される議案として扱うべきではないかと思います。


これまで意見書・決議案が掲載されてこなかった理由の1つに「反対にも色々理由があり、たとえば『35人学級を求める意見書』に反対したとしても、一部の文言が同意できないからであり、35人学級そのものに反対しているわけではない、ということなどがあるから、もし載せるなら反対理由も載せるべき」というものがあるそうです。


しかし、それをいうなら市長提案議案に対する反対や請願に対する反対には理由を載せずに結果だけを載せているのですから、意見書・決議案だけ理由がないといけない、とは思えません。


また、「反対にも理由がある」というなら本会議場できちんと反対討論をすればいいだけのことです。以前、「黙って反対するのでなく、討論をすべき」と提起したら「討論するかどうかは会派の判断」という答えを返す会派がありました。ならばなおのこと、本会議場ですら黙って反対するような会派が「反対にも理由があるから、理由を載せないなら意見書・決議案は賛否の掲載をするな」という理由は成り立たないように思います。


私は、市議会だよりでは議会でどんなやり取りをしているのか、議員がどんな質問をしているのか、また、いろんな案件に各議員がどういう態度をとったのかを端的に知らせることは最低限必要ではないかと思います。



みなさんはいかが思われますか?


議会だよりにどんなことを載せてほしいと思われますか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
閉会日前に緊急の広報広聴委員会ひらく 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる