アクセスカウンタ

<<  2017年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


冷蔵庫のお片づけ兼ねて 浅漬けぶっかけそうめん

2017/06/30 13:43
今日は久しぶりにおうちランチ。

といってもサクサク食べられるものにしたいし、蒸し暑いし…ということで、ぶっかけそうめんです。

これ、浅漬けの野菜がシールパックに残っていたので、そのお片付けも兼ねての一品です。
茹でたそうめんにすりゴマと浅漬けの野菜と載っけて、浅漬けの素のお汁を少し使って、そのままでは塩辛いので、勘で水をダバダバ…、レモン汁をチャカチャカチャカ…削りカツオをサラサラサラ…、最後に石井農園のえごまオイルをひと垂らし…。 はい、出来上がり!まさに ぶっかけ。

簡単ですが、結構美味しいですよ〜。

冷蔵庫のお片づけもできるランチでした。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


原因不明のまま、ガラケーからのF acebook復活!

2017/06/30 09:42
みなさま、おはようございます!画像

昨日は心温まるバースデーメッセージの数々、本当にありがとうございました!
遅れて恐縮ですが、お返事を昨夜からぼちぼちお返ししております。

さて、みなさまのメッセージシャワーをあびて元気いっぱいになったのか、今朝、ガラケーで試しにFacebookを開いてみたら、なんと、なんと! 画面が現れたではありませんか!

というわけで、大騒ぎした「ガラケーからFacebookが見られない現象」は、何の理由もわからぬまま、収束しました。一体、何があったのでしょうか…。

ともあれ、みなさまお騒がせしました。

あとは車のキーがみつかれば言うことなしなのですが…。

ということで、6月最後の1日、みなさまにも良いことが訪れますように…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


グレンズフォールズ市の中高生訪問団の歓迎会@佐賀市

2017/06/29 23:22
今夜は、佐賀市と姉妹都市関係にあるニューヨーク州ウォーリン郡グレンズフォールズ市クイーンベリーの中学生、高校生を迎えての教育交流訪問団歓迎レセプションがあり、市の国際交流協会の一員として参加しました。


1990年から始まった両市の交流から27年、最初に訪問交流メンバーだった子どもたちは40歳になっているといいます。 一年おきに両市を訪問しあい、今回、クイーンベリーからは25人の中高生が来日し、佐賀市の鍋島中学校と佐賀東高校の生徒たちが受け入れることになっています。


今日は、それぞれの自己紹介の後、ホストファミリーと関係者がテーブルに分かれて食事をしつつ、お互いに歌やダンスを披露しながら交流を深めました。


これから約1週間、佐賀とグレンズフォールズの子どもたちの心に残る経験がたくさんできますように。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


6月定例佐賀市議会終わる 

2017/06/29 15:31
 防災総合システム、バスロケーションシステムなど2億3400万円補正


 6月定例市議会は、市長提案の19議案すべてを原案通り可決しました。
 今議会では災害発生時の現場状況をリアルに把握する防災総合システム(2188万円)や、市バスの現在地を把握して運行の問い合わせにも的確に対応できるためのバスロケーションシステム(324万円)、八戸地区の旧枝梅酒造活用に向けた保存・整備事業(1億1577万円)構え口公園整備事業(2600万円)佐賀空港へのリムジンバス購入補助(3300万円)など2億3400万円の補正予算のほか、マイナンバーを独自利用する事務を拡大する条例、勧興小・鍋島小の大規模改造工事請負契約の増額変更議案などが提案されていました。


 マイナンバー活用事務の拡大に反対


 このうち、わたくし山下明子(市民共同)はマイナンバーの利用事務拡大に関する条例について反対討論を行いました。H27年8月議会で可決された「個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例」を改定して、法令で定められた年金、雇用、医療、税、災害の5分野と佐賀市独自のひとり親家庭医療費助成の申請事務においてマイナンバーを活用するとしていたものに、あらたに障がい者福祉タクシーや重度身障者医療費助成制度、日常生活用具の給付、不妊治療助成など6つの事務を加えるという条例改定議案です。
 「市民の利便性向上」と言いますが、すでにこれら6つの事業では申請者にたいし税情報の提供などの同意書を求めており、個人番号の提供は必要ありません。市外からの転入や佐賀市に税情報のない場合には、個人番号を示せば前の居住地での所得証明を取る手間が省ける、というものですが、県内10市で足並みがそろっているわけでもありません。むしろ個人番号を持ち歩く機会を増やすことで紛失や個人情報の漏えいなどのリスクが高まる問題があります。
 各分野を紐づけするような共通番号制度は、アメリカや韓国でも見直しがなされ、フランス、ドイツでは導入にも否定的であり、マイナンバー制度そのものに問題ありとする立場から反対しました。


最低賃金の引き上げ、共謀罪の廃止求める意見書案など不採択に



 6月定例議会には、4件の意見書案が提案されていました。

 わたくし山下明子(市民共同)は「佐賀県の最低賃金の引き上げを求める意見書案」「核兵器禁止条約の実現に向けた取り組みに関する意見書案」を提案し、「テロ等組織犯罪処罰法(共謀罪法)の廃止を求める意見書案」(社民・共産)「慎重な憲法論議を求める意見書案」(社民)にも賛成しました。しかし、いずれも自民系会派、公明党、政研会、市民爽風会(民進系)が反対し、不採択となりました。


 国会で「野党共闘」と言われているのに、市民に身近な佐賀市議会での対応がちがっていることや、最低賃金の引き上げという切実な市民の願いに応えられない、また合併佐賀市の決議第1号で「非核平和都市佐賀市を宣言する決議」を全会一致で採択したことに背を向けるような姿に残念な思いがしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さて、6月議会最終日です

2017/06/29 09:45
午前零時を過ぎてから、Facebookを中心にたくさんのバースデーメッセージをいただいております。本当にありがとうございます。


今日は定例議会最終日ということで、マイナンバー関連の議案への反対討論と最低賃金引き上げを元見る意見書案、核兵器廃絶国際条約の実現位向けた取り組みについての意見書の提案理由説明、と、3本の原稿書きなどで、夜の時間の波を漂っておりましたので、きちんとお返事をかけずにおります。


閉会後も代表者会議とTPP特別委員会、自衛隊等の佐賀空港利用に関する特別委員会が行われますので、落ち着いたらお返事させていただきたいと思います。


議会の控え室に来たら、白倉議員からバースデー差し入れをいただきました。パワードリンクですね〜、ありがとうございます。これで力を入れて議場に臨みます!

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


57回目の誕生日〜自分らしく、のびのびと

2017/06/29 00:00
今日は私の57回目の誕生日です。

毎年書いていますが 、1960年6月29日水曜日の午前5時15分、社会保険佐賀病院(当時)で私は産まれました。

60年安保の真っ最中、大きなお腹を抱えてデモ行進に参加した母は、画像妊娠腎ということで5月初めから入院する羽目になったそうです。7月半ばに生まれる予定だったので、父は国会前のデモに参加するため仲間のみんなと上京中。そんな中で生まれたわけですが、母に言わせれば、夜明けの風が涼しくて気持ちよかったのだそうです。
予定より早く生まれた私は未熟児でチアノーゼになり、すぐ保育器に入れられ、看護師さんから輸血していただき、命がつながったと聞いています。

あとで、夜明けに生まれたことと、日本の夜明けを告げる日を願う思いで「明子」と名付けられたと聞きました。


それから5年、10年、20年、30年…。多くのみなさんと出会い、多くの方々の支えの中で生きてくることができました。

未熟児で生まれた私が、57年経ったら やたらたくましくなっておりますが、それもご愛嬌。


そして幸いなことに、私の命の源である両親がまだ健在であることにも、これまた多くの方々の支えがあってこそと感謝の気持ちでいっぱいです。

56歳の1年間には、波瀾万丈がありましたが、山あり谷ありの中で出会う人々の温かい心に触れながら、私は私として 自分に嘘をつかず、納得のいく生き方をしたい、とあらためて思います。

自分らしく、のびのびと。
そして父や母が示してくれてきた「社会を前に進めるために多くの人と力をあわせる」「何よりも命と平和を守ること」という道をふみしめつつ。

こんな私ではありますが、今後ともおつきあいのほど、よろしくお願い申し上げます。

(写真は5歳の夏に父のふるさと鹿児島に遊びに行った時のもの。「シェ〜!」全盛期です。足元にはオバQの妹のピーコちゃん人形も)

記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


56歳最後の大ボケ

2017/06/28 18:03
画像
6月議会の最終日を明日に控え、朝からまとめのニュースや討論の準備をしていたとおぼしめせ。


3時半から佐賀市観光協会の総会があるので、間に合うように出かけようとしたところ…車の鍵が…ない!

待て待て、ちゃんと家に帰ってきて車があるのだから、鍵は自宅のどこかにあるはず、と、上着やシャツのポケット、手提げ、バッグ…と探しても探しても見つからないではありませんか!


そうこうするうち3時半はとっくにまわり、歩いて行くのもいいけれど、明日からの行動を考えて対応するのが先、と思い直しましてJAFに電話しました。


「40分から1時間かかる」と言われましたが、30分もしないくらいで係の方が到着し、鮮やかにドアを開けてくださいました。


さて、車のなかは…と探しましたが、鍵は見つかりません。


仕方ない、鍵をつくってもらいましょう…って、家から徒歩1分くらいの所に合鍵屋さんがあるのです。なんと便利!


こちらも「30分くらいで現場に作業員が向かいます」とお電話いただき、あっという間に鍵をつくってくださいました。


というわけで、鍵がなくなったとわかってから2時間ちょっとで解決することができました。
ありがたや、ありがたや。


車でなく、歩いてまわる範囲に鍵屋、銀行ATM、郵便局、スーパー、八百屋、各種カフェやレストラン…と揃っている、ありがたいまちなかの恩恵を実感しました。


それにしても、56歳最後の1日に、大ボケをかましてしまいました。このあとの時間でやり残しの仕事に取りかかりたいと思います。

画像
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


カフェラテマシーンがレジを占領!〜市役所前のセブンイレブン

2017/06/27 15:07
画像
ちょっと買い物に立ち寄った市役所前のセブンイレブンで、いつも2ヶ所あるはずのレジが1つ見当たらない気がしました。


あれ?と見回すと、確かに「レジ?」の札が下がっているのですが、レジスターだけがあって、品物を置く台がありません。


なんとなんと、カフェラテマシーンがで〜ん!とレジ台を占領しているではありませんか!


夏だし、最近カフェラテマシーンが専用で置かれ始めた、とは聞きましたが、まさかレジをつぶしてまで設置するとは…。


市役所前のセブンイレブンは駅にも近いので、隣の業務用食品スーパーとあわせて、外国の観光客もよく利用されているようです。昼の込み合う時間に、使い勝手の悪いレジでは、さぞ店員さんもお困りではなかろうか…と、ちょっと心配になりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ついにガラケーからのFacebookアクセスが不能に…

2017/06/27 14:28
画像

今日も市役所の地下食堂かささぎでラントのお世話になりました。今日は中華冷麺です。これは冷やし中華と違って、ごま油と酸味がきいた ほかにない美味しさで、中華の料理人さんが腕をふるった一品です。


さて、これまでパソコン、タブレット、iPadと同様にガラケーからFacebookにアクセスしていた私ですが、今朝からまったくガラケーからはつながらなくなりました。


当初はガラケーからの写真投稿もできていたFacebookやTwitterが、写真投稿できなくなりまして、仕方なくガラケーからは文章だけ書いておりました。


それがついにアクセスすらできなくなるというのは、ツラいものがありますね。
「そろそろ観念してスマホにすれば」とも言われますが、私の手のひらサイズに収まるし、片手で文字打ちできるし、ボタンの操作感が確実なのがガラケーの好きなところなんですよね。
視覚障がいの方がガラケーに頼ることが多いのも、ボタンの操作感があるからだと聞きます。
ユニバーサルデザインの思想からいけば、ガラケーの排除は逆行していると思います。




それにしても、あ〜、困った!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


学習障害から人権と未来を考えた〜佐賀市人権ふれあい研修会

2017/06/26 16:28
午後から、お誘いを受けていた人権ふれあい研修会に参加画像しました。

今度、「あい〜精神障害とむきあって」の映画上映をするので、市の人権同和政策課にもお勧めしていたところ、「それならこちらも」とご案内を受けたものです。

今回の研修会の講師は新潟の通信制高校・明蓬館高校の共育コーディネーターである南雲明彦さんという方で、ご自身が「誤字障害(ディスレクシア)」という学習障害当事者で、ご自身の経験を通して、学習障害から考える人権と未来について語られるというものでした。


誤字障害というのは、字が滲んで見えたり揺らいで見えたり、鏡文字になって見えたりかすんだり、ということで正確に見えないために、読み書きが遅いとかうまくいかない ということになるのだそうです。
見え方によっては、文字を拡大したりゆっくり時間をかけたら対応できるのだそうです。俳優のトム・クルーズやウーピー・ゴールドバークがディスレクシアと公にし、アインシュタインやエジソン、ガウディやピカソもディスレクシアだったと言われているそうです。


南雲さんが小さい頃は、単に読み書きが苦手画像なこととして周りがきちんとむきあって対応してくれる関係にあったそうですが、自分でおかしいと思い始めたのは小学校4年の頃だったそうです。

読めないから、と眼科に行かされたり、キツイ思いもされたそうですが、辛かったのは高校時代に「読むのが苦手なら読まなくていい」と順番を飛ばされ続けたことだそうです。
誰でも、そこにいることで役割があれば居場所になるけれど、それを奪われるといたたまれなくなってしまう、と言われたのが印象的でした。

南雲さんは、よく言われる「早期診断、早期発見」によって障がいが分かったとして、その後「合理的配慮」で対応されてしまうと本音で付き合うことができなくなるのではないか、という意味で、あまり嬉しくないことだと言われていました。


合理的配慮、ということと本音で、その人のありのままの姿と向き合う、ということは違うのかもしれない、と思いました。

南雲さんは、「共生とは、共に幸せを共有できる関係であり、そういうふうに考えたら差別のない未来につながるのでは」と結ばれました。
障害についての知識はあったに越したことはありませんが、それよりも 目の前にいる人に対してレッテルを貼らずに向き合うことの大事さを感じました。
画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐賀市役所の地下食堂かささぎへ いっぺん来てみんしゃい!

2017/06/26 15:54
お昼休み後に、市役所地下食堂かささぎに行きまして、いつもの画像サンキュー定食が売り切れていたので、シシリアンライスをいただきました。

ふと、横を見るとビジネス風の男性8人組が、まるでミーティング中でもあるかのようにお食事しつつ話し込んでおられました。

ちょっと気になっていたのですが 、席を立った方の胸に議員バッジを見つけたので「議会からの視察ですか?どちらからいらしたのですか?」と話しかけてみました。(出た!すぐに声かけるおばちゃん魂)
すると箱根町議会の皆さまだそうで、バイオマス事業をご覧になるのだそうです。


市役所の食堂でお食事というのは、ち画像ょっと珍しいと思って聞いて見ると、何かの全国的な集まりで、秀島市長が「佐賀市役所は障がい者作業所の方たちが働く食堂で成功している、全国でも珍しい食堂だからぜひとも食べにきて」と強烈にアピールしてくださったのだそうで、箱根でも佐賀に行くなら市役所で食べてこい、と言われたのだそうです。嬉しい話ですね〜。

ご感想は「美味しくて明るい」と好評でした。


かささぎのスタッフさんも箱根の議会の方達においでいただき、しかも市長さんが宣伝してくださったとは、と大喜びでした。

佐賀市役所の地下食堂かささぎに いっぺん来てみんしゃい!
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今日は委員会採決 明日の議運の傍聴を!

2017/06/26 15:49
今日は議会の委員会ごとの採決が行われましたが、わが経済産業委員会ではさしたる異論もなく全会一致可決となりました。


明日は議会運営委員会で議案全体についての取り扱いと意見書案の取り扱いが協議されます。

所属していない委員会での議案については、ここで態度表明をすることになります。


また、意見書案についたも会派ごとの賛否が表明されるのですが、本会議では黙っておられる会派も、ここでは賛否についての理由(特に反対の場合)が述べられますので、最終日より議会運営委員会の傍聴の方がエキサイトすることもあります。


ちなみに議運は明日10時開会で、傍聴はできますのでご興味のおありの方はぜひ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐賀県医療生協の第43回通常総代会に参加

2017/06/25 15:07
今日は佐賀県医療生協の第43回通常総代会に総代として参加しました。


佐賀県医療生協は今年、創立40周年を迎えています。佐賀神野、多久で地域に根ざしたかかりつけ医療機関として頑張っておられます。

経済的に困難なために診療回数を減らしたり、ひどくなるまで医師にかかれないという方のために医療費負担を独自に軽減免除する無料定額診療という制度を適用されているのも医療生協ならでは、と言えます。
ただ、この無料定額診療制度は財源補填がなされるわけではないので、これを採っているのは唐津日赤と医療生協など3医療機関にとどまっているそうで、これが増えていくような運動も必要だとの提起がありました。
また、医療機関だけでなく調剤の方でも無料低額が適用されるように、これは国に対して制度の適用拡大を求めていく必要があると思います。


医療機関では医療スタッフと患者との関係になりがちですが、生協組織だと総代として率直な提言ができますので、今日も経費の単価見直しの問題や作業のあり方、備品をリースでなく購入にすることなど、具体的な提案をする方や、医療生協の草創期から関わってこられた方からの期待の声、仲間づくりなど、活発な意見が出されました。


また被災地支援ということで、東日本大震災の福島や熊本地震の被災地に寄り添っての取り組みも看護部長から報告されたのも心強いことでした。


私自身は最近あまり受診する機会はないのですが、両親がともに医療と介護の双方でお世話になっていますし、17年前に夫を看取っていただいたのを通じて、温かさを感じています。


患者・利用者とスタッフ、地域が一緒になって支えていくことで、これから地域包括ケアシステムが求められる地域社会に役立つ組織だと思います。


ところで、医療生協では身近なところで健康チェクも行ってもらえるので、病院にかかるのとは別に、日頃から予防を強め生活習慣に気をつけるための健康チェクをうちの近所でもやれたらいいな、とみなさんの発言を聴きながら思ったところでした。


総代会の最後には、議案の採決ののち「介護保険法『改正』」に反対する特別決議、共謀罪の廃止を求める特別決議が採択されました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


佐賀空港の軍用化問題 佐賀市独自での検証と問題提起を!@佐賀市議会一般質問

2017/06/22 18:34
 6月定例議会の一般質問最終日の今日、わたくし山下明子は、佐賀空港の軍用化問題など4つのテーマで質問しました。


 このうち佐賀空港の自衛隊使用・軍用化については、5月末に示された県の画像「論点整理」素案等を受けての市長の見解を質しました。



  市長はこれまで「自衛隊との共用はしない」と明記した県と漁協の間で結んだ公害防止協定覚書付属文書の重みを尊重し、「まずは県としてこれの整理をするのが先であり、立会人としての佐賀市側からあれこれ動くものではない」という立場を堅持されており、県の論点整理素案の発表を受けたのちも、その姿勢は変わらない、と繰り返し述べています。


 ただ、今回の県の「論点整理」素案を読む限り、「基本的には責任ある地方公共団体として国防に協力すべき」という立場が記され、米軍利用、オスプレイの安全性、騒音や低周波など環境への影響など防衛省の説明をうのみにしたまま、ただ漁民と地権者の理解なしには進まないので国が不信をぬぐうように努めてほしい、として一つの方向が決定づけられているように見えます。


 佐賀市は「協定の立会人」という立場だけでなく、一方で協定を締結した川副町を引き継ぐ「協定当事者」としての立場もあるはずです。24万市民の安全を守る空港立地自治体の佐賀市長としての動きを、どの段階でするつもりかを質しました。


 これに対し秀島市長は「県と公害防止協定を交わした旧川副町」を引き継ぐ立場もあるとしながらも、根本は「自衛隊との共用はしない」という覚書を交わした漁協・地権者の思いを最も尊重すべきであり、その覚書の立会人としての佐賀市として県が「当事者間の整理」を最終的にどうまとめるか注視したい、と繰り返しました。


広く影響を受ける住民全体を視野に意見聴取と独自調査を!


  オスプレイ問題で防衛省のこれまでの取り組みを見ると、住民への説明は川副4校区や東与賀など南部地域だけで、県の論点整理でも漁協、JA、地権者、地元住民、柳川市しか書かれていません。しかし、低空飛行訓練の行われている北部地域や、そこまでの通過地点としての中部地域、あるいは佐世保にむけての西部地域など、影響を受ける市民、県民の範囲はもっと広いのです。


 私は、市として「説明」するのではなく、そこの意見を聴くべきであり、また、低周波や水鳥への影響、目達原駐屯地のヘリ部隊まで含めた1日60回もの飛行の影響、バルーンの大会以外の日常的なフライトエリアの問題など、独自に検証し、県の判断の前に検討材料として提起すべきではないか、と指摘しました。


 秀島市長はあくまで「協定の見直しについての事前協議が提起されるまでは、独自の調査をする段階ではない」との立場を示しました。


立地自治体の市長としての行動は「勇み足」ではない

  今までは市長の「立会人として見守る」という姿勢でもよかったかもしれないが、協定の「見直し」について漁協や地権者の合意を得たうえで県が事前協議を申し出てきたら、もうその段階ではすでに「事前協議」とは言えないのではないでしょうか?


  去る19日に、川副の住民の方たちから「これまでくりかえし反対を表明してきたことをふまえて対応してほしい」という要望が市議会の特別委員会あてに出されましたが、今の時点で市長が検証作業をしたからといって決して「勇み足」とは映らないはずです。むしろ、県が「協定見直しの事前協議」を提起してくる段階では「出遅れ感」「もう何を言ってもムダ」というあきらめ感につながりかねません。私は、市長の賛否を示すというのでなく、検討すべき判断材料を提供するための動きが必要だと強調しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明日は一般質問最終日で大トリ@佐賀市議会

2017/06/21 23:11
長かった一般質問もいよいよ明日が最後で、不肖、私が大トリを務めさせていただきます。
明日は10時から一般質問を1時間、続いて議案質疑を私と白倉議員が行います。


一般質問は、(1)佐賀空港の自衛隊利用に関する県の論点整理素案を踏まえての市長の見解を問う、(2)子育て支援の充実や高齢者の生活支援、(3)市民にさらに役立つ市立図書館、(4)夜間中学の設置 について取り上げます。


佐賀空港問題での県の論点整理素案については、29日に開かれる自衛隊特別委員会 に向けて、各会派の意見をあげることになっています。そのまとめもしなくてはなりません。

さてさて、今日は頑張りましょうね〜。

あっ、お近くのみなさま、ぜひ傍聴にお越しくださいませ。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ドキュメンタリー映画「あい〜精神障害と向きあって」上映実行委員会

2017/06/18 13:03
今日の午前中は、映画「あい〜精神障害と向きあって」の上映実行委員会でした。

この間、サガテレビの「かちかち宣伝隊」に出させていただ画像いたり、障がい当事者でもある実行委員会のメンバーに地元紙からインタビュー取材があったり、と映画のテーマ性から見て注目していただいているようです。

来週は21日(水)の午前7時50分頃に1分間、エフエム佐賀で宣伝していただくとの連絡もいただきました。エフエム佐賀さんは、東京のプロダクション(宮崎監督)にまで取材をしていただいたようです。


また、市内の作業所や福祉団体などへのご案内もしていたので「チラシを見たよ」という方もチラホラ出会うようになりました。
そんなこんなで、おかげさまで、実行委員会の携帯にもチケットがほしい、というご連絡もいただくようになりました。

が、まだまだ実質的なチケット普及はこれからです。

あと2週間を切りましたので、スパートをかけなくては!ということになりました。

この映画の試写を見て感じたのは、今の世の中、誰がいつ、何をきっかけに心を病むかもしれない、ということ。精神障がいというのは特別ではなく、すぐ隣り合わせになる課題かもしれないということ。
そして、身体障がいと同じように、まわりが理解して接すれば、その人の持つ能力を発揮して社会の中でともに生きていけるのだということ。
だからこそ、障がい当事者の方たちの言葉や思いに耳を傾け、触れるきっかけが必要だということ。
この映画では、とくにアートの分野での活動や支援の様子が描かれた部分も多いので、絵画や染色、ものづくりに携わる方が、ハンディを持つ人々にこれから支援をしていける方策も見えてくるかもしれません。


「興味ある」「観てみようかな」という方は、どうぞお声掛けくださいませ。

また、3回上映なので、当日、受付など手伝ってもいいよ、という方がいらっしゃいましたら直接メッセージの方でご連絡頂ければ幸いです。

◆ 7月1日(土) 10時、13時、15時 の3回上映(95分)
お好きな時間帯にご覧ください。

◆佐賀市ほほえみ館 4階視聴覚室(佐賀広域消防局の東側)

◆チケット 前売り 500円 (当日 700円)
(取り扱い)佐賀市文化会館、佐賀玉屋、シアターシエマ

◆上映実行委員会 090-9406-5698
✳ この投稿をご覧の方は、直接 私にメッセージでご連絡くださいませ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


剪定だってやっちゃおう! 〜 快適マンションライフへの道

2017/06/17 09:58
昨日のマンションの大規模修繕工事完成チェック会の時に、周辺の植栽で気になるところを自分たちで手入れしよう、という話になっての初仕事。画像



お約束通り朝6時半から、足場を組んで日陰になったために枯れてしまったであろうアイビーの始末から始まって、ついに脚立まで持ち出して樹木の上の方に飛び出た枝切りにまで及びました。



工事業者さんから借りていた剪定バサミも大活躍で、各自持ってきたハサミとともに「ここは枯れてる」「ここはドアのそばで傘の邪魔になる」「ここは正面エントランスの出入り口にはみ出ている」など、口々に言いながら、どんどん、どんどん、どんどん、切っていきました。



最初はあま画像りに思い切りのいい枝切りぶりに、私は「ええ〜⁉そこも切るの!」と声を上げてしまい、その度に「大丈夫、すぐ生えてくるから」となだめられる、という繰り返しでしたが、いつの間にか私も「ここが気になるよね」とチョキチョキやり出したので「山下さんに剪定バサミ預けとこうか」とまで言われるほどになってしまいました。



7、8人での作業だったので、1時間あまりであっという間にきれいになり、みんな大満足。成果は、大きな燃えるゴミの袋で7個分にもなりました。


今までは総会のたびに「植栽の手入れは契約の回数の中でもっと目配りしてほしい」などの意見が繰り返し出され、少し高い樹木については「高木剪定は簡単にはできない」という回答にみんな不満を抱いていました。



しかし、今回は高木も含めて脚立を使えば自力でできることがわかり、今後は定期的に自分たちでやろう、ということになりました。


それにしても、昨日の工事完成チェック会の時もほとんど女性だった画像し、今日の作業も女性陣でやり切りましたし、フットワークの軽い方が多くて楽しい作業となりました。


今まで気になりながらも手が出せていなかったところがキレイになったし、1人でやっていたら「アヤシイ人」になるところを、7、8人でやれば楽しい作業として共有できることも実感できました。
それに、植え込みの陰に陶器のゴミが入った袋が不法投棄されていたのを見つけましたし、自分たちで日頃からキレイにしていたらこういうこともなくなるだろう、という話になりました。



また他のみなさんにも(男性も歓迎)お気軽にご参加いただけたら、マンションの交流も進むと思います。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


大規模修繕工事完成確認会 〜 快適マンションライフへの道

2017/06/16 23:51
2月から行われてきた我がマンションの大規模改修も、画像ついに大詰めを迎え、今日は夕方から工事完成確認会で、居住者と業者、管理会社の担当さんとで最終チェックを行いました。



本当は、業者さんとしては6時から1時間ほどで終わりたかったようですが、マンション側からは10名ほどが参加して、あちこち見定めては細かいダメ出しをしたり、お互いにあまり他のフロアにはいかないので物珍しくシゲシゲと眺め合ったりして、8時までたっぷり2時間もかかりました。


今回は修繕積立金の範囲でまかなえましたが、果たして次回の15年後にはその体力はあるのかしら…と心配になります。



最後に、周辺の植栽の手入れについては、今後はマンション居住者も定期的にやろうじゃないか、という話になり、さしあたっては明日の6時半から裏手の植栽の傷んだ部分の撤去をすることになりました。



さらには、大規模修繕工事完成祝いの打ち上げ会をやろうということも出まして、我がマンションの女性陣を中心に、なんだか盛り上がってます。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共謀罪許さない!昼休みの抗議アクション@佐賀市 玉屋前

2017/06/16 14:28
昨日に続き、今日も共謀罪反対の取り組み。


議会の一般質問の合間を縫って、昼休みの30分で玉屋前に駆けつけました。「特定秘密保護法に反対する市民の会・佐賀」などの市民団体や弁護士さんと一緒に声を上げてきました。
画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共謀罪法に反対し、声を上げ続ける1日

2017/06/15 21:25
今日は議会の一般質問のあと、意見書調整会議が開かれました。

共謀罪の廃案を求める意見書案を発案していた社民党、共産党の方からは、それぞれ法案成立に対する反対の内容に書き換えて、そのまま提案したいという申し出がありました。
もっともなことです。

ふたつの案を1つにまとめて修正発案してもらうことになりました。

その後、一般質問のヒアリングを3項目分すませ、6時半から共謀罪に反対する集会に参加しました。

戦争をさせない佐賀県1000人委員会の大草代表が「共謀画像罪が通って市民の暮らしはどうなる」という問題提起のミニ講演をされました。

その中で、安倍内閣の支持率は確かに42%もあるけれど、支持する理由は「他の内閣に比べてまし」というもの。不支持も増えていて、その理由の第一は「人柄が信頼できない」というもの。

さらに、共謀罪法案の内容について、「知らない」が6割以上、「今国会で成立させるのに反対」が6割以上、政府の説明が「不十分」が7割以上にのぼっており、内閣支持層でもこの傾向はほぼ同じ、という世論調査結果を示しながら「安倍政権は国民と乖離している」と強調されました。

この集会で決意表明やあいさつに立った方たちにも共通していたのは「恐れない、黙らない」ということでした。
今朝、私も投稿したりシェアした思いと同じです。

そんな思いを共有しながら、夜の街にデモでアピールしました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共謀罪強行成立へ、怒りのレッドアクション!

2017/06/15 15:48
共謀罪の成立した日の昼休みレッドアクション。


私は議会日程の関係で参加できませんでしたが「怒」の文字が並んで、抗議の意思は鮮明です。


私たちは黙らんけんね〜!

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共謀罪が強行成立!でも、私たちは黙らない!

2017/06/15 08:36
国会で攻防が繰り広げられていた共謀罪がさきほど参議院で強行成立しました。



安保法制で立憲主義にヒビを入れ、共謀罪で暗黒政治に一歩踏み入れた安倍政権。

加計学園問題での追及を恐れ、参議院法務委員会での「強行採決のイメージ」を避けるために、本来の委員会採決さえすっ飛ばして、いきなり本会議での採決におよんだ参議院の自民党と公明党。
「言論の府」としての参議院に泥を塗った政権与党の暴挙は断じて許せません。憲政史上に、この汚名は間違いなく記されることでしょう。




そして、ヒットラーのナチス政権が、民主的なワイマール憲法のもとで誕生した歴史の謎が、いま目の前で解かれているような気がします…。




何が罪になるのか、何が監視の対象になるのか、大事なことがことごとく「今後検討する」と先送りにされてきたのだから、事細かな施行令を決めていく段階で、ぜひとも問題点を明らかにし、執行不能に追い込んでいく闘いが、まだ野党国会議員と市民には残っているのではないでしょうか。




黙らせようとしても黙らないこと。
これにつきます。

https://mainichi.jp/articles/20170615/k00/00m/010/183000c
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


意見書案の締切日@佐賀市議会

2017/06/13 19:05
😊
今日は議会の意見書案発案の締切日で、今議会には「佐賀県の最低賃金引き上げを求める意見書案」「核兵器廃絶条約実現へ向けた取り組みに関する意見書案」の2件を発案しました。

市民アンケートの雇用・労働分野では非正規雇用の正規化についで最低賃金の引き上げの要望が強く、くらしの要求全体でも3番目に多い結果となっています。
佐賀県の最低賃金は、昨年10月改定でようやく700円台に乗ったとはいえ、715円で沖縄・宮崎に次いで全国で下から2番目に低い水準です。全国加重平均の86%に過ぎません。これではフルタイムで働いても月10万〜13万円ということで自立した人間らしい生活を送るのは難しいことです。

また地域間格差が大きいことが都市部への労働力流出にもつながり、地域経済の疲弊を生み出しています。佐賀県でもお隣の福岡県より50円低いことで、たとえば同じ木工家具産地でも福岡県側の大川市と佐賀の諸富町では賃金格差が出てきますし、若者の定住にも繋がらない、といったことが言われています。

これまでは、全国一律の最低賃金を求めて国に対する意見書を提案してきたことがありますが、市民アンケートに寄せられた声や思いを具体的に生かすには、まずは全国最低レベルの佐賀県の最賃引き上げを求めて佐賀県と佐賀労働局に意見書を提出するのも必要ではないかと思います。

もう1つは、国連で交渉会議が行われている核兵器廃絶条約に関して、唯一の戦争被爆国である日本政府が国連決議に反対し、国連の交渉会議にも不参加でいることについて、6月中旬から再開される国連の交渉会議に参加して、被爆国政府としてのイニシアチブを発揮してほしい、と求めるものです。
画像

共謀罪問題についても、言いたいところですが、2月議会で反対意見書が不採択になったことと、現在参議院で審議中で、国会の会期中の動きと市議会の閉会日のタイミングとの関係もありますので、私自身は発案しませんでした。他会派から廃案を求める意見書が出されたら、もちろん賛成します。


ということで、いよいよ明日から一般質問が始まります。


写真は、つい最近模様替えした準会派の控え室です。1つの部屋が4ブロックに分かれました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


初めてのかちかち宣伝隊@ドキュメンタリー映画「あい〜精神障がいと向きあって」のPR

2017/06/12 20:07
今日は7月1日(土)に佐賀市のほほえみ館で上画像映するドキュメンタリー映画「あい〜精神障害と向き合って」のPRのために、地元のサガテレビのかちかち宣伝隊に実行委員会の有志が出演するということで、私もサポーターとして、ポスターやボードを準備しました。

16時45分に集合してリハーサルを30分ほど行い、本番は17時51分から2分間でした。

みなさん、人生初のかちかち宣伝隊です。この場合は緊張で「かちかち」宣伝隊になりそうでしたが、リハーサルの後の本番待ちでは、いくぶん表情も和らいでました。 本番は、スタッフのみなさんの温かい雰囲気づくりのおかげで、出演者一同なんとか無事にこなせました。

画像


あと3週間ですが、今日の放送をご覧になって、関心を寄せてくださり観に行こうと思ってくださいますように。
ちなみに、テレビ出演のことをFacebookで紹介していたら、さっそく「チケットを予約したい」というお申し出があったり、「テレビ観たよ、3回上映なら観に行けそうなのでチケット買っとこ!」という嬉しいコメントとともにテレビ放送の写真を送ってくださったりという反応が寄せられたので、チケット取り扱いのところ(佐賀玉屋、佐賀市文化会館)にさらにチケットを増やしに行きました。
画像




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


山口光貴のGABAI YOKA NIGHT 4 @佐賀市 夢楽人(むらびと)

2017/06/11 22:46
夕方からは松原のライブハウス夢楽人(むらびと)で山口光貴(みっきー)のGABAI YOKA NIGHT 4〜笑顔の輪を広げよう〜がありまして、11日の東日本大震災の月命日画像でもあり、宮城県人会さがも協力して東北物産の販売や仙台名物油麩丼を提供しました。

私も、午後のうたごえ喫茶から夢楽人にはしごして、夕方は油麩丼職人(正確には卵とじ職人)を務めておりました。

今日は、会場で販売されている会津木綿の黄色いカフェエプロンをつけて働きました。

ミッキーとヒロヤさん、お友達のキホ姉さん、乱入してきたみっきーの悪友・豆 銀太さんらによるハートフルなライブステージにうっとりしつつ、素敵なひと時となりました。

みっきーのライブで必ず歌われる曲の1つに「テツナギマーチ」という曲があります。福島の二本松市で、震災後、放射能のために外遊びが出来なくなった子どもたちの言葉とお母さんたちの思いを重ねて作られた歌です。

この曲については、多くの方に聞いていただきたいと思います。

ちなみに、私の母校でもある市立成章中学校で、10月7日(土)にミッキーのライブがあるそうで、主催者となる父母の会の担当の方も 今日は宮城県人会さがのサポータースタッフとして参加してくださっていました。

こうして笑顔の輪が広がっていくことが、生きていくことの大きな力になるといいな、と思います。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地域の自治会行事でうたごえ喫茶@コールぽけっと

2017/06/11 21:21
今日は、わが合唱団コールぽけっとのメンバーの1人が地元役員をなさっている地域で自治会のイベントとしてうたごえ喫茶が公民館で開かれました。


みんなでお弁当をいただいたあと、地域でピアノ教室をなさっている方の演奏を聴き、医療生協の方に「笑いヨガ」をしていただき、充分にウォーミングアップをしてから、いよいようたごえ喫茶です。

おなじみの歌をみんなで歌ったり、合唱団の歌を披露したり、と小さな子どもからお年寄りまで世代を超えて楽しく交流させていただきました。

画像

画像

画像

画像

画像
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


昨日、今日と一般質問のヒアリング

2017/06/08 16:00
午前中は議会にて、一般質問のヒアリングでした。

画像
普通は控え室か応接室で対応することが多いのですが、今日は議会事務局のある2階ロビーのテーブルで。

ここは通称「磯野家の食卓」「サザエさんちの食卓」と密かに読んでおります。ソファと低いテーブルより、一定の高さのテーブルを囲む方が落ち着くので、私はここがお気に入りです。ちなみに、地場産品の諸富家具で、お役所感のないところもいいと思います。

今日は夜間中学の設置問題と市立図書館を市民の役に立つものに、という2つの項目についてのヒアリングでした。



昨日は子育て支援充実(保育所の増設やきょうだい入所の問題、ひとり親家庭の支援、学校給食の無償化)と高齢者等の生活支援(バス路線のない地域やバス停から遠い地域の方などを念頭に、移動手段の確保について)のヒアリングを済ませたので、あとは佐賀空港の自衛隊使用・軍用化問題についての市長の見解を問う、という項目だけです。


午後は、マンション内のインターネット環境の工事関係で、業者さんが来られる時間を調整して「待つ人」になっております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


6月議会に向けて始動@佐賀市議会

2017/06/06 17:43
6月定例議会に向けて、昨日が一般質問の通告締め切り画像で、今日は議事日程などを決める議会運営委員会が開かれ、9日〜29日までの会期となりました。

一般質問には25名が通告しており、14日から22日までの間で抽選の結果、私は珍しくもオオトリを取って25番目ということで、22日(木)10時からとなりました。

その後、議案勉強会があり、17時までに一般質問の項目や順番の調整を終えて今に至ります。
今議会では10月に行われる市長選挙における秀島市長の意思表明がなされるだろうということで 、一般質問初日の冒頭で質問される方のやりとりが注目されているようです。


私に関して言えば、今、市民アンケートに取り組んでいるので、お寄せいただいているたくさんの声をもとにしつつ、これまでの流れもふまえながら一般質問では以下のことを取り上げる予定です。

ぜひ、お近くの方は傍聴にお出かけいただければと思います。

【山下明子の一般質問】画像

1、佐賀空港の自衛隊使用・軍用化について〜
県の「論点整理」素案等を受けての市長の見解を問う

2、市民が安心して暮らせるまちづくりへ
1)子育て支援の充実を

2)高齢者等の生活支援

3、市民にさらに役立つ市立図書館へ
〜2月定例議会の続き

4、夜間中学の設置について
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ドキュメンタリー映画「あい〜精神障害と向きあって」上映まで1ヶ月を切りました!

2017/06/04 13:52
7月1日に予定しているドキュメンタリー映画「あい〜精神障害と画像向きあって」の上映会まで1ヶ月を切りました。

まだ先だと思っていたら、あっという間に迫ってきまして、今日の午前中はその上映実行委員会でした。

映画が精神障がいと知的障がいの方を対象にしたB型作業所を取り上げたドキュメンタリーということで、市内の障がい者福祉施設や作業所を手分けして訪問し、案内をしてきましたが、「市内の身近なところに結構いろんな作業所があるのを初めて知った」「親亡き後の子供たちの心配をする声が多い」「どこも受け止めは温かい」などの感想も出されました。


これまで訪問したところにはチケットやチラシ ポスター掲示をお願いしていますが、市役所地下食堂「かささぎ」にもさっそくレジ横に貼り出してくださっているのを見つけました。

実行委員会には当事者の方もいらっしゃいますが、この映画に取り組むことで初めて精神障がいのことや障がい者福祉施設のことを考えるようになった、というメンバーもおられ、その意味でもいい機会になっていると思います。

この映画は、障がい者ご自身のコメントもたくさん出てきますが、それだけでなく、藍染工房でのデザイン作業に活かすために専門の画家の方による絵画教室があり、そこで描かれた絵を持って ニューヨークの国連本部で展覧会を開くことまでつながっているなど、アートによる癒しや可能性の開発という角度からも見所があります。



この映画のチケットは、佐賀市文化会館と佐賀玉屋のプレイガイドで取り扱っていただいてます。
また、ご希望の方や映画に関心をお持ちの方は、直接メールでご連絡いただけると幸いです。
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


議会運営の協議と防災対策の議員研修会@佐賀市議会

2017/06/01 21:42
今日は午前中に議会運営委員会が開かれ、議会改革検討会からの答申を受けての協議がなされました。
その中で、懸案になっていた代表質問制の導入はしない、ということが最終決定されました。

代表質問制は10年以上前から導入の是非が話題になっていましたが、その都度、佐賀市議会には馴染まない、と見送られてきました。その理由は、佐賀市議会は36名の定数の議員の中で、多い時には30名近くが一般質問に立つというほど全国でも屈指と言える活発な議論がなされています。(昔は「黙って座って○千万」などという揶揄がありましたが、今は通用しません)

代表質問制によって大会派中心の運営になったり、議員個々人の問題意識による質問権が抑制されることへのデメリットを指摘する声も多く出されてきました。
また、代表質問を行うとしたら、当初予算を審議する3月議会になると想定されますが、その時こそ各議員は質問したいこともあるだろうし、会派を代表して全体像を質問するというやり方にこだわらずとも、それこそ会派内で質問項目を調整して行けばいいことではないか、という話も出されてきました。
こうしたやりとりが数年にわたって出たり引っ込んだりしていたのですが、今回の改革検討会の答申を踏まえ、一応ピリオドを打ったことになります。

このほかにも議会図書室の運営やレイアウトの問題なども話し合われました。



✳ ✳ ✳ ✳ ✳ ✳ ✳




午後からは年1〜2回の全議員研修会で、今回はかねて要望もしていた防災画像問題をテーマにした研修で、⑴地震の知見について ⑵心臓マッサージとAED操作による救急救命訓練、⑶HUG〜避難所運営訓練ゲームの3コマでみっちり4時間の充実した内容となりました。

市消防防災課による地震の知見については、これまで「佐賀は地震は滅多に起きない」とされていたのが 、東日本大震災や熊本地震を経て「地震が起きる確率はあてにならない、活断層のあるところでは必ず起きる」ということで、佐賀市の北部を縦断する「佐賀平野北縁断層帯」がマグニチュード7.5の地震が想定される重要な観察点に格上げされたことにともない、日頃の防災意識を高め耐震対策を強めることの重要性が強調されました。

こんな話を聞くと、ますます原発の存在は危険なものに思えてきます。
画像



広域消防局による救急救命訓練では、これまでに何度か受講したことがありますが、時代の移り変わりによって方法も変わっていることがわかりました。人工呼吸画像よりも心臓マッサージを優先したほうがいいこと、倒れた人を観察するポイントや周りの人を救助活動に巻き込む呼びかけ方(漠然と呼びかけるのでなく、人を特定することによって責任感を持ってもらう)なども参考になりました。

最後の佐賀市防災士会のみなさんによる避難所運営訓練ゲームは、今回が3回目でしたが、カードを避難してくる人に見立て、「○○地域の▲▲さん、○歳、女性、ペットの柴犬を連れてきた」「妊娠6ヶ月の○○さん」「ブラジル人の○○さん一家がカナリアを連れてきた」「災害対策本部より連絡、仮設トイレが明日朝届きますから場所を確保してください」「使用禁止のトイレを無断で使う人が多く満タンになっています」など、次々と読み上げられるカードに翻弄されながら、学校の体育館や教室、運動場を想定した紙に配置したり対応を考えたりしました。

実際に大規模災害が起きて、避難所を立ち上げるという時に、どんなこと画像を頭においておくべきかをシミュレーションする訓練ですが、初めて体験した議員のみなさんも手に汗握るような切迫感を持って対応しておられ、研修会場は大賑わいとなりました。

4時間の研修を終えて、みんな放心状態になった感じですが、いい経験になりました。

私の地元校区ではすでにこのHUGを実施しましたが、さらにいろんな単位、分野で何度もやっていくことができればと思います。
画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年6月のブログ記事  >> 

トップへ

山下明子の幸せの黄色いニュース 2017年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる