山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 山口知事が玄海原発再稼働の容認を表明!

<<   作成日時 : 2017/04/24 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

佐賀県の山口知事が3時に玄海原発再稼働の容認記者会見をする予定というので、1時ごろから県庁ロビーに再稼働に抗議する人々が集まり始めました。玄海や武雄、画像福岡からも駆けつけ、容認の記者会見の前に、市民、県民にこれまで提起してきたことへの説明をすべき、と知事との面談を求めて待機しておりました。


知事は会見前には市民に会うつもりもないし、申し入れ文を受け取ることもできない、ということで、係の誰かを対応に出してもらうように、と求め、集まった人々の代表が折衝し、その経過を報告してくださっていました。


しかし、 県庁への申し入れは当日の3時をもって締め切られるとのこと。

3時から始まる記者会見まで会おうとしない知事に業を煮やして、集まった市民たちは用意した申し入れ書を渡すために11階の会議室に上がり、原子力エネルギー課の担当職員に対して抗議しながら要請書を渡しました。

福岡からも駆けつけた方は「県画像外の自分たちには全く理解を求められていないし、理解もしていない」という強い抗議もなされました。

「さよなら原発 佐賀連絡所」の豊島代表は、口頭で「なぜこんな大事な問題で知事は直接県民に説明もないまま、容認表明をするのか。これまで出してきた疑問に全く答えていないではないか」とズバリ。

当初、「会議室を用意するが代表10名くらいしか入れない」ということでしたが、県内外からわざわざ集まったのに、下のホールロビーで待っているなんて…という意見も上がり、結局集まっていた50名以上の人々が、入り切れるまで会議室に入ろう、ということで上がったので、少なくとも「様子がわからない」ということにはなりませんでした。

渡した申し入れ書は、必ず会見前には知事が読んで臨ん画像でほしい、ということも求めての申し入れとなりました。

その後、会見の様子は「庁内テレビで放映」とあったので県民ホールに降りて置かれたテレビを見ようとしたら、見られる体制になっておらず、受付の方にお願いして電源を入れてもらったり、とアタフタする一幕も。こんな大事な時に、庁内放送をロビーで見られるようにするくらい、前もって考えていてほしいものです。

3時になって、無事に映し出されると、小さな画面を囲んで食い入るように集まりました。

山口知事が「悩みに悩み画像抜いて」「何よりも県民の安全を第一に」「真摯に愚直に」と言葉を重ねたあげく「結論から申せば、原発依存から脱することを求めつつも、再稼働はやむを得ないと考える」と述べたとたん、「ウソつき」「どこで安全確認したのか」「県民は理解してないぞ〜!」などの声が沸きました。


私は、そのあと議会の用務のために抜けたのですが、会見後に再び抗議の申し入れをされたそうで5時過ぎまでやりとりがあったとのこと。


知事が容認しても、まだ工事などの手続きがあり、実際の再稼働は秋頃ともいわれています。スイッチはは押されてはいません。そして、仮に動いたとしても、全国の54基の原発の中で動くのはまだ川内、伊方、高浜、玄海の4カ所です。止める方向に持っていくことを諦めることはありません。


そういう決意を固めた1日でした。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山口知事が玄海原発再稼働の容認を表明! 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる