山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS アンナ速水純子おばさまとのお別れ

<<   作成日時 : 2016/11/30 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

母のすぐ下の妹である京都の叔母、アンナ速水純子さんが亡くなり、昨日のお通夜と今日の告別式に参列し、いま佐賀に戻っています。

純子叔母は、母より3歳下の1930年1月13日生まれで、京都の伏見桃山に生まれ、父(祖父)の仕事の関係で台北に移り、戦後直後の1946年3月に台北第二高女を卒業し、一家で佐賀県多久市に引き揚げてきました。

わたしの母は洋裁教師、デザイナーの道に進みましたが、純子叔母は佐賀栄養専門学校を卒業後、栄養士の道に進みました。
佐賀社会保険病院の院長を辞した祖父が開業医として京都に戻る時に一緒に京都へ戻り、栄養士として京都市役所衛生局、市立保育所、児童相談所、リハビリセンターに勤務し、退職後も栄養士会で講師を務めておられました。

純子叔母は寡黙で働き者で、みんながお喋りしていたとしたら、少し離れたところで耳を傾け、時おり話に加わる、という感じだったように思います。


私の大学一回生時代は立命館大学の広小路校舎に祖父母の家から通っていたのですが、敷地に別棟を建てて住んでいた純子叔母は、毎朝散歩の後に祖父母の家のお風呂掃除をして、祖母と一緒に朝食を作って、生協の世話をして、時にはお友達と読書会や歩いての史跡探訪会に出かけたり…と、規則正しい生活のリズムが刻まれていたのを思い出します。


ちょっぴり頑固で、遠くでブツブツ怒ってはるなあ…と思うことがあったり、私がサークルの練習で終電で帰ったりすると祖父母の代わりに厳しく注意されることもありました。とはいえ、気配りの細かい方で 、佐賀に帰省する時には何かとお土産を持たせてくださったりしたものです。


また、母の末の妹である恭子叔母夫婦が揃って開業の小児科医だったり大学の勤務医だったりで忙しいかったのをフォローして、その娘たち(つまり私の従姉妹たち)の幼い頃か画像らお世話をしていたこともあり、恭子叔母ファミリーとの絆の深さを感じていました。

ことに、従姉妹5人姉妹のうちの長女ゆりちゃんと次女めぐみちゃんらのことをとても頼りにしていて、生涯結婚をしなかった叔母ではありましたが、頼るべき「娘たち」に囲まれていたのは幸せだったと思います。

昨夜は教会に着いたらちょうど納棺の儀が行われていて、看護師である末の従姉妹・るかちゃんが、綺麗にお化粧を施してくれていたので、まるで生前のようでした。また、あとで聞いたら、ケアハウスで最後を迎えた純子おばのもとに、毎日のように姪っ子たち(ゆり、めぐみ、みどり、のぞみ、るか)が駆けつけ、何くれとなくお世話をしてくれていたそうです。


叔母も体調のいい時は読書会にでかけたり、なんと1週間ほど前には京都市美術館の伊藤若冲展に姪たちと出かけ、帰りには伊勢丹で食事して大好物のチョコレートケーキを買って帰ったとのこと。
昨夜は、従姉妹たちの実家に泊めてもらった折、最後の数日の叔母の様子を映した動画を見せてもらったのですが、最後までなんとも賑やかな笑い声や励ましの声に包まれている叔母の姿に、とても癒されました。

通夜式、告別式とも家族葬で、親族と親しい教会やお仕事の繋がりの方のみでの見送りだったので、オルガンの奏楽は保育園の保育士をしている従姉妹のみどりちゃん(彼女のクリスチャンネームは母と同じリベカさん)が務め、司祭さまのお祈りの合間の詩篇や聖句の朗読を従姉妹の娘たちが交代で務めていました。連日叔母を見舞い、喪主を務めた長女のゆりちゃんは、通夜式でも告別式でも、胸に染みるいいご挨拶をしてくれました。


母は速水家の三女一男の長女ですが、末の妹恭子さんを一昨年12月に、すぐ下の妹を今度、と亡くしており、さぞや淋しいことと思います。弟の環(あきら)さんは広島で現役の開業医で忙しくされていて、またわが母は高齢のため、それぞれ本人でなく家族が名代として参列しましたが、心温まるお別れの様子を、しっかりと伝えたい思います。


いつもメールを下さる昭三おじさん(従姉妹たちの父上)とも、日ごろ日帰り続きでご無沙汰ばかりでしたが、今回は久しぶりにゆっくりお話を伺えたし、従姉妹たちとも真夜中の談義に花を咲かせたりできました。これも純子おばさまからの贈り物として大切に受け止めたいと思います。



アンナ速水純子おばさま、永い間、ありがとうございました。安らかな旅立ちの先に、懐かしい妹、恭子さん、ご両親の保彦さん、冨貴さんとの再会がありますように…。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンナ速水純子おばさまとのお別れ 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる