山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月議会終了!〜国保税の最高額引上げ、保育士配置基準の緩和に反対

<<   作成日時 : 2016/06/30 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 佐賀市議会は今日、定例会の最終日を迎えました。

 執行部提案の17件の議案のうち、日本共産党は「家庭的保育の設備および運営に関する基準の一部改正条例」と国保税の賦課限度額を85万円→89万円に引き上げる内容をふくむ国保税条例改正の専決処分議案の2件について、それぞれ私・山下明子と中山重俊議員が討論したうえで反対しました。


 保育士の配置基準緩和の条例は、保育士の配置基準を緩和し、准看護師や幼稚園・養護教諭や保育士の資格のない人でも保育士にみなすことができるというもので「保育士不足の解消」を目的としたといいますが、全産業の平均より11万円も低い賃金水準の改善をはじめ、専門的役割にふさわしい処遇改善をはかることなく「みなし保育士」の枠を広げるのは保育の質の低下につながりかねず、「当分の間」としていることも明確な基準がなく、常態化を許しかねない問題だと指摘しました。


 意見書案では、共産党が提案した「所得税法第56条の廃止を求める意見書案」については、社民党・さが未来のみの賛成少数で不採択、公明党提案の「食品ロスの削減推進を求める意見書案」については、全会一致で採択となりました。

 なお、社民党の発案で毎年全会一致で採択してきた「教育予算の拡充を求める意見書案」については、趣旨は例年と変わっていないにもかかわらず「文言が前年と違う」(政友)「予算上実現は無理」(自民政新)「全会一致でなければ賛成できない」(公明、市民爽風)などの反対意見が意見書調整会議の段階で出され、採択の見通しが立たなかったため取り下げとなりました。この趣旨の意見書案が採択されなかったのはめったにないことで、教育予算の拡充を願う市民の期待に背を向ける結果といえます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月議会終了!〜国保税の最高額引上げ、保育士配置基準の緩和に反対 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる