山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS これで「親身な相談」といえるのか!? 国保で「財産状況報告書」とは!

<<   作成日時 : 2016/03/15 17:41   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  国保・介護をよくする佐賀市民ネットワークに加わる佐賀民主商工会を通じて、佐賀市が国保税の未納者に対し、保険証の窓口交付の通知とともに、納税相談を希望するなら財産状況報告書を記入するよう求めているということがわかりました。
 さっそく、議会終了後の夕方、その声を寄せてくださったAさんとお会いして話を聞かせていただきました。

                   *    *    *


  「こんな書類を見たら、相談にも行きたくなくなります!」と憤るのはク画像リーニング店を営むAさん。40代で夫婦・小学生の子どもの3人世帯です。親の代からの常連客の高齢化や、ホームランドリーの普及などで売り上げがこの数年厳しくなり、生活費や子育て費用を賄うために食品工場で夜12時〜6時までのアルバイトを週4,5日続ける毎日です。もちろん生業のクリーニング店も顧客開拓にまわるなど昼も働きづめで、最近は血圧の薬を飲むようになりました。国保税の納付が遅れがちになり、嘱託徴収員の訪問を受けた時に納付予定日を告げ、最終的には衣替え時期で売り上げが伸びる春先以降にまとめて残りを納付するのが近年の流れになっています。

 年度末に未納分が残るAさんにはいつも「保険証の窓口交付」の通知が届き、全額納付できるまでは短期保険証で凌がざるを得ないといいます。「ところが今年初めて『財産状況報告書』というのが入っていて驚きました」とAさん。保険証の窓口交付の際に「納税相談を希望する場合は別紙に必要事項を記入の上、下記期日までにご来庁ください」と書かれてあり、同封の書類には世帯の主な収入状況、支出には生命保険などの契約先、借入先、その他支払い目的、預金・不動産・自動車・バイクなどの市産の有無を記入するようになっています。


 しかも、その末尾には「必要に応じ財産調査が実施されること」の承諾、「上画像記以外の財産が発見された場合、滞納処分を実施されても構いません」とする記述に、署名・捺印を求めているのです。これでは生活保護の申請における調査同意書のようなものです。

 Aさんは、「相談に行っても、『いつ払うのか』と言うばかりで、親身に話を聞いてくれないので、納税相談に行く気になれない」と語ります。また、飲食店を営む夫に、同じような文書が届いたというBさんも、「いつでも差し押さえてください、というような、こんな書面に署名・捺印してからでないと相談を受けないようなやり方で、相談に行けるわけがない」と憤りの声を寄せています。

 昨年11月議会の一般質問で「市税・国保税の滞納処分のあり方について」として、未納者への対応が厳しすぎること、納めたくても納めきれない人が相談に来やすいような環境づくりを進めるべき、と求めたばかりですが、実際の対応は、むしろ相談者を遠ざけることになっているといえます。

  命綱の国民健康保険の分野だけに、加入世帯の8割が所得200万円未満という実態を踏まえ、行政的な対応でなく、個々の実情にしっかり耳を傾ける姿勢に立つべきではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これで「親身な相談」といえるのか!? 国保で「財産状況報告書」とは! 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる