山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 地域力の創造について考えた 地域づくり研修会@佐賀市

<<   作成日時 : 2016/01/08 18:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨年「まちづくり自治基本条例」を制定した佐賀市とし画像て地域づくりについて考える研修会が、佐賀市文化会館で開かれました。

 第1部は、社団法人地域活性化センター理事長の椎川 忍氏による「地方創生の課題と地域力創造のポイント」とする基調講演でした。

 椎川氏は「地方創生」というけれど、国の補助制度に基づく計画策定に県や市町が終われるやり方では従来と変わらないということを前提に、それぞれの地域の持つ力をいかに生かし、育てるかという点を強調しました。
成功する自治体・地域の条件として最も大事なのは人材育成であり、自立心が旺盛で住民自治が確立していること、地域経済の循環構造ができていること、若者の力を引き出す仕組みがあること、市町村(行政)どまりにせず地域住民に伝わっていること、国の言いなりでなく自分たちの目標をしっかり持ち、やるべきことを粛々と進めることだとの提言は印象的でした。

 また、地方においては一次産業の活性化なしには地方創生はありえない、として特に林産業の可能性について言及。佐賀市が農林水産業を主軸に据えて地域づくりを展開していくことの大事さを改めて痛感しました。


避難所運営の多様な課題について想定訓練〜分科会

 第2部は観光、防災、情報発信の3分科会が行われ、私は防災分科会に参加しました。これは佐賀県防災士会の援助で公民館や自治会のみなさんが8グループに分かれて「避難所運営」を想定したワークショップ(HUG=避難所運営ゲーム)を行うというもの。「大雨被害で学校に避難してきた人を対象に避難所を運営する」という条件で、リーダーは何をするのか、受付で考えること、カードにかかれた避難者の条件(年齢、地域、障害の有無、高齢者、家族と一緒かどうか、犬を連れた人など)に応じてどう対処すべきか、掲示板の活用、などなど、机上訓練ではあるものの白熱したゲームとなりました。

 私は傍聴の立場でしたが、グループごとの対応の違いを見るのも貴重な勉強となりました。こうした訓練をぜひ地域でも生かしていければと思います。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地域力の創造について考えた 地域づくり研修会@佐賀市 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる