山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 被災三県での最後の福島県議選でも、議席の前進を!

<<   作成日時 : 2015/11/14 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は一日、雨が降ったりやんだりしながら、強画像い風にもあおられていましたが、ふるかわ芳憲候補は最後の最後まで政策を訴えぬき、10日間の街頭演説をしめくくる事務所前での訴えは、選挙中に出会った様々な方たちの切実な声をふり返り、その願いを必ず福島の県議会に届け抜く決意に満ちたものでした。

 候補者カーのスタッフも、ふるかわ候補と心ひとつに頑張りぬきました。

 明日はいよいよ投票日です。

 この間、岩手県、宮城県と、東日本大震災の被災県での県議選が行われ、いずれも日本共産党は前進を重ねてきました。そして、今度は福島県です。福島県での現有5議席を6議席に増やすなら、震災復興をないがしろにして原発再稼働・賠償打ち切りという仕打ちや、被災地の再建をさらに遅らせる消費税増税、TPPの推進、さらには戦争法の強行など、次から次へと暴走を続ける安倍政治に対して、被災3県でのきっぱりと下審判を下すことになります。

 前回3議席から5議席にふえた日本共産党県画像議団。みなさんと力を合わせて、18歳までの子ども医療費の無料かを実現しました。今回は現有5議席を6議席にふやして、県内に広がる学校給食無料化の動きを県の制度として支えていくことや保育料の軽減・無料化、国保税の引き下げ、特別養護老人ホームの増設など、切実な暮らしの願いを届ける確かな力にさせていただきたい、と訴えてきました。

 そのためにも、定数4の会津若松選挙区から12年ぶりに日本共産党の議席を勝ち取らせていただきたいのです。小中学校の教育現場で30年、子どものすこやかな成長を見守ってきたふるかわ芳憲さんを、なんとしても明日の投票日、県議会に送り出して頂けますよう、会津若松にお知り合いの方がありましたら、ぜひともご支持の輪を広げてください。
 明日も、「投票に行こう」とぜひ、よびかけてくださいませ。



 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
被災三県での最後の福島県議選でも、議席の前進を! 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる