山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS アベ内閣支持率、37%に急落!

<<   作成日時 : 2015/07/19 08:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今朝の新聞は、なかなか元気の出る見出しです。

「安倍内閣支持率37%に急落」


「アベ政治許さぬ」
安保法制反対 全国一斉アピール


地元の佐賀新聞で、これだけの見出しがトップを飾るなんて、武者震いがします。


共同通信社が17日、18日に行った緊急世論調査の結果、内閣支持率が第二次安倍内閣発足後、初めて3割台に落ち込む37%、不支持率は51%となりました。

安倍政権が新国立競技場の計画を見直したからと言って、そんなのは当たり前のことであり、安保法制という、国の行く末を左右する大問題で、国民は政権に不信を抱き、怒っていることが顕になったといえると思います。
これは、自民党、公明党に与えられた議席で何でもやっていい、ということではない、との主権者国民の警告です。


安保法制に関して「説明不十分」が94%にのぼり、自民党支持層の中でも64・4%にのぼり、とくに公明党支持層の94・2%は、共産党支持層の98・8%に次ぐ高さというのも特徴です。公明党は、自ら犯した「与党強行採決」の過ちについて、この数字を厳粛に受け止めるべきです。


9月まで国会会期が延びたことで、川内原発の再稼働、TPP、戦後70年談話、沖縄の辺野古基地移設の埋め立て許可取消など、8月に押し寄せるであろう政治の「ヤマ」がいくつも安倍政権の前に立ちはだかることになります。
それをひとつひとつ丁寧に対応しなければ、ますます政権への怒りが広がるだけです。

そんな中での参院での安保法制関連法案の審議です。衆議院と違って、自民・公明の議席は合わせてようやくの過半数に過ぎず、この安倍内閣への支持率急落は「沈みかかった船から逃げ出すネズミ」を生まないとはいえません。


そんなわけで、戦争法案は、簡単に「これで法案成立は確実になりました」などという「アベ様のNHKニュース」のようなものではないことが明らかになってきた、という納得の夏休み第1の日曜日となりました。


そうそう、政党支持率がまた嬉しかったのです。
・自民党 31・9%
・民主党 11・2%
・維新の党 3・6%
・共産党 7・3%
・次世代の党 0・4%
・社民党 2・1%
・生活の党 0・7%

・支持政党なし 39・3%

明らかに無党派層が減り、戦争法案反対の党に支持が移ったと思えます。

主権者はだまっちゃいない!のあらわれです。

画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アベ内閣支持率、37%に急落! 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる