山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイも原発もノー! 6月7日は佐賀でも福岡でも立ち上がる!

<<   作成日時 : 2015/06/03 13:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月7日に佐賀と福岡で、2つの大切な取り組みが行われます。
ひとつは、佐賀空港へのオスプレイなどの配備に反対する空港立地の地元地域・川副の住民のみなさんが呼びかけている集会です。

 昨年7月に防衛省が佐賀空港へのオスプレイ配備、目達原基地のヘリ50機の移設、米軍の訓練での活用を突然申し入れて以来、地元の川副町では「自衛隊オスプレイ等配備対策協議会」が8月に有志ら150名で立ち上げられていました。
 これまでは、主に情報収集を目的とされていましたが、「佐賀空港の自衛隊との共用はしない」という開港時の公害防止協定に反するにもかかわらず、国は空港の運用や訓練の全体像、米軍との関係をまともに明らかにしないまま、オスプレイ17機の購入や空港周辺の用地買収や調査費などの予算を次々と計上しており、これ以上黙ってはいられない、として、「暮らしの場に基地はいらない」との立場で声をあげることとなりました。

 対策協議会は6月7日の午前10時〜12時に、スポーツパーク川副体育センター(川副支所西側)で会合を開き、今後のとりくみについて話し合います。当日は、自衛隊基地と米軍オスプレイ基地のある岩国市の田村市議を迎えて、基地のある街での実態を聞きます。佐賀空港の軍用化の問題は、川副だけの問題ではありません。地元のみなさんと一緒に考え、声をあげる場として、関心のある方はぜひご参加ください。

       *      *      *

 もうひとつは、「ストップ再稼働!3万人大集会in福岡」が福岡舞鶴公園で行われます。
この夏にも川内原発の再稼働をめざそうとしている国や九電に対する抗議のアクションです。

 福島では、未だ12万人の人びとが故郷を奪われたままであり、放射能は放出され続けています。明らかな人災でありながら責任をとった者は誰ひとりとしていません。川内原発についても、安全上の問題が数多く指摘されていますが、再び誰も責任をとらない構造は変わらないままです。

 今も、鹿児島県、全九州の住民はもとより、大多数の国民は同意していません。その具体的な意思表示として、今回の集会は、2011年11月13日に開催された「さよなら原発・福岡1万人集会」の流れを汲んだ実行委員会が企画しています。

 13時から集会、14時半からデモが予定されています。(11時からマルシェやアトラクションも行われます)佐賀からもバスが出されます。ぜひご参加ください。(連絡先→25−5021・佐賀県労連)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスプレイも原発もノー! 6月7日は佐賀でも福岡でも立ち上がる! 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる