山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 「うたごころ」上映会・・・宮城のドキュメント上映とトークセッション@シアターシエマ

<<   作成日時 : 2015/03/10 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 宮城県人会さがと被災地復興支援に取り組んでいる団画像体などで「宮城のドキュメンタリーを上映する実行委員会」がつくられ、今年中に3回の上映会に取り組む計画です。

 その第一弾が「うたごころ」で、3月10日19時からまちなかのシアターシエマで上映会とトークセッションが行われました。

 トークセッションでは、被災地に46都道府県の学生を送り、被災地と各地をつなぐ「きっかけバス」の一員とした参加した佐賀大学の学生さん、震災報道が少なくなってきたときに友人と「何かできないかしら」とメールで連絡とりあったことから被災地に支援物資を送ったり交流を続ける活動をしてきた佐賀北高美術部のメンバーを中心とした「83プロジェクト」の新旧代表さんらが、「なぜ被災地に関心を持つようになったのか」「被災地に対する自分の思い」「これからやりたいこと」について語り合いました。

 それぞれが、現場に足を運んでみて「だからこそ自分の故郷に何か役に立ちたい」と思ったり、現場にはいったことがないけれど、支援活動を通して、いつか佐賀の中高生と東北に行って、同年代の人たちと話してみたい、という思いを持っていたり・・・・ということで、若い世代の思いを聞いていると胸が熱くなりました。
画像

 映画「うたごころ」は、阪神淡路大震災関連のドキュメンタリーを作り続け、国際賞も受賞している椎葉 健監督が、2011年5月、シンガーソングライター寺尾仁志さんとともに震災後間もない南三陸町にカメラ1つで入り、現地で出会った気仙沼高校3年生の女子高生とその家族を通して、肌感覚で被災地を2次体験させてくれる作品です。

 私自身も震災の年の10月に南三陸町に足を運びましたので、防災庁舎の横に立って、まだ夕方の満潮時には海水が上がってきて水浸しになるような状況の中で聴いた水の音などがよみがえってきました。

画像

画像


 実は、どうしても別の用事があって、1時間ほどしか見られなかったのですが、この「うたごころ」には続編があり、12月にはその上映会も予定されています。

 ぜひ、一人でも多くのみなさんと、被災地の思いを共有できればと思います。
画像


 一足先に帰るということで、おなじみ「おのくん」グッズと映画のパンフレットを買い求めて帰りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「うたごころ」上映会・・・宮城のドキュメント上映とトークセッション@シアターシエマ 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる