山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 総選挙、いっせい地方選挙勝利をめざす佐賀県活動者会議

<<   作成日時 : 2014/11/30 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  2日から始まる総選挙と来年行われる県議選、市町の選挙画像に向けての全県活動者会議が小城市三日月町で開かれました。

 小選挙区に急きょ立候補を決意してくれた1区の古賀まことさんと2区の御厨さとみさんの事実上のデビューの場でもあり、若い予定候補に寄せられる期待を感じました。

 今田真人県委員長の基調報告の後、九州沖縄比例区でたたかう田村貴昭さんが「今度こそ九州・沖縄から2議席を!」と力強く訴えられ、わかりやすくユーモアもあり情にも響く「田村節」に客席は大いに沸きました。

 「最近、街頭で消費税の先送りは「ダメよ〜、ダメ、ダメ!」と書いたフリップをもって訴えると、小学生や中高生、OLにもウケテいます」という話のくだりでは、近づいてきた某メディアの記者さんが「面白い人ですね〜。共産党の候補者に、こんな人がいるんですね」と感心して言葉をかけてこられました。

画像


 1区の古賀まことさんは、自身がファストフード店で正社員で働いていたものの、一日16時間、休みは月に1日あるかないか、夜中でも食事中でもお構いなしに上司から電話連絡があったこと、机の整理を命じられて整理したら「棚もやるべきではないか、仕事ができないお前には机はいらないだろう」と机を取り上げられ、段ボール箱で事務作業をさせられたことなど、過密労働とパワハラの中で、ついに死を決意する所まで追い込まれたというリアルな体験を語り、みな息を呑んで聞き入りましたし、ハンカチを握る姿もありました。
画像


 2区の御厨さとみさんは、今年2月に小城市議選に初挑戦したばかりですが、もちろん国政は初めて。しかし、文学好きの感性を生かした言葉で、安倍政権の暴走にストップをかけ、国民の声を生かし、憲法の輝く平和な社会を、との決意を語り、新鮮な感動を呼びました。
画像


 また、来春の県議選で唐津選挙区に立候補を決意した現唐津市議の井上祐輔、6期目を目指す佐賀市選挙区のむとう明美県議も、総選挙での勝利を勝ち取り、県政刷新へたたかいにつなげたい、とそれぞれ決意を語られました。
画像

画像


 20代、30代の若い力と比例では働き盛りの田村貴昭さん、ベテランの赤嶺政賢さんの議席を必ず、との元気がみなぎる集会となりました。
 田村さんは途中で退席され、水俣に向かわれました。

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
総選挙、いっせい地方選挙勝利をめざす佐賀県活動者会議 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる