山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐賀市立勧興小学校の創立140周年記念航空写真撮影

<<   作成日時 : 2014/10/16 13:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
わが母校、佐賀市立勧興小学校の創立140周年記念事業で、航空写真撮影が行われました。
前に1度計画されていたのが、天候不良で延期になっていたもので、今朝も始まる直前に小雨がぱらついたので心配しましたが、9時半に校庭に集合して準備しているうちに、すっかり晴れ上がり、写真撮影日和となりました。

小学校の関係者だけでなく、地域にも参加を呼び掛けていただいたので、卒業生やご近所の方も足を運ばれ、賑やかな撮影となりました。

撮影の段取り説明を聞いたあと、セスナ機の音が聞こえてくると、「来た、きた!」と興奮気味に空を指しての子どもたち。
周辺の街の風景を撮影しながら、だんだん校庭に近づいたセスナ機は何周かしながら人文字を撮してくれましたが、あまりにも何度も繰り返しがあったので、しまいに「はい、もう一度」のかけ声に「ええ〜っ!まだぁ?」の叫び声があがりはじめました。

航空写真の次は、校舎の屋上からの記念撮影。これも、子どもと教職員の次は地域のみなさんも加わっての写真となり、和気あいあいのひとときでした。

昔は地域の参加はなかったと思いますが、やはり子どもの人数が減ったからでしょうね。

今は1学年50名あまりで全校300数十名の規模ですが、私たちの頃(私は93期生)は1クラス45〜6人の5クラスでしたから、全校1200名以上はいたわけで、記念撮影も学校関係者で手一杯だったのではないかと思います。

ただ、140周年の記念の年を経ると、今の校舎は改築になりますから最後の記念になるわけです。

私たちの時は木造校舎で、大雨が降ったら教室まで水に浸かるので、水が引いたあとの消毒もふくめて3日は休校でしたっけ。

また、糠袋で廊下や壁板を磨いたり、特別教室の鳩のフン対策に頭を悩ませたりしたのも思い出です。

それから、いま「勧興魂」と言われている「勉強はベストをつくし、運動はくたくたになるまで」というスローガンを創られた古賀甫校長先生に、直筆短冊を頂いた卒業生でもあるし、「巨人の星」のBGMによる「勧興体操」が創られたときの在校生でもあります。当時の勧興体操は、低学年、中学年、高学年により部分的に振り付けが違っていて、高学年になるとかなりハードだった覚えがあります。今の勧興体操は、少しソフトになっているように思えます。

何しろ、この体操を毎日午前中の2時限目の後の20分休みの時の「業間体操」という呼び名で続けていたお陰で、卒業後42年経っても身体に染み付いています(笑)

そんな思い出が次々に湧くひとときでした。

画像
画像
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐賀市立勧興小学校の創立140周年記念航空写真撮影 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる